2017年9月15日

カテゴリー:

融資&創業融資


創業融資⑤~お金のブロックパズルでつかむ事業計画のポイントと3年分の事業計画~

365日ブログ

46日目

 

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄です

 

 

 

 

 

1. 前回までの記事   

 

 

創業融資①についてはこちら

 

創業融資①~役割分担の明確化~

 

創業融資②についてはこちら

 

創業融資②~手元資金を増やす3種類の資金調達~

 

創業融資➂についてはこちら

 

創業融資➂~政策金融公庫の担当者が見ている3つのポイント~

 

創業融資④についてはこちら

 

創業融資④~自己資金の解説~

 

 

2. 事業計画について  

 

 

今日は事業計画作成のコツです

 

公庫のホームページに

事業計画のサンプルがおいてあります

 

 

赤丸の部分が

経営数字の見通しですが、

非常にザックリしています

 

 

 

そのため、

僕はいつも融資サポートの際は

この所定のサンプルとは別に

事業計画3年分を添付しております

 

 

3. 全体像把握     

 

 

全体像が大切なので、

まずは創業したい方のビジネスモデルをヒアリングしながら

お金のブロックパズルで落とし込んでいきます

 

 

引用:超☆ドンブリ経営のすすめ

”お金のブロックパズル”

著者 和仁 達也先生

 

キャッシュフロー(お金の流れ)を考えていきます

 

 

目標利益

目標粗利

目標売上

 

 

を積み上げていきます

 

 

 

4. 詳細な計画    

 

 

 

全体像を把握したあとに月次落とし込んでいきます

 

 

僕はA41枚

収支予定とキャッシュフローを集約させています

(※数字は架空です)

 

 

例えば

飲食業の方であれば

新年会や送別会、

クリスマスなどの

イベントがある繁忙期がある一方で

お盆などの閑散期があります

 

全体像を把握したあとに

細々したところを反映させるために

何度も行ったりきたりします

 

 

 

 

5. 言語化      

 

 

この数字の根拠を言語化していきます

 

 

例えば、月次の売上であれば

 

 

売上=客単価×営業日数×座席数×回転率×変動率に分解できます

 

 

こういった数字の根拠

材料代人件費ごとに書いていきます

 

 

創業したあとは

予定通り上手くいかないときもある

当初予定していなかったコスト

も発生する可能性はあります

 

そのため最低3年分作ることで

 

 

ストーリーに深みが増すことに加えて

一連のお金の全体を見える化することで

安心感が生まれます

 

 

毎年

増収増益の青天井の

数字を並べた事業計画

ザックリとした上の公庫↓と比較すると

 

 

 

公庫の担当者、

創業する方本人にとっても

説得力が増します

 

 

 

6. 公庫担当者目線   

 

 

注意点として

公庫の担当者の方も毎日忙しいため、

無駄な資料がたくさんあってもNGです

 

 

僕はシンプルに

ワードとエクセル、

A4サイズで10枚以内

抑えるようにしています

 

 

過不足ない事業計画を作って

創業融資を獲得し事業を軌道に

乗せていただければ幸いです

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

ありがとうございました

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄

戻る