2018年12月1日

カテゴリー:

融資&創業融資


税金も大切、資金調達コストも大切

365日ブログ

488日目 

 

3つの処方箋で

自転車操業の会社を安定操業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

先日、お客様のプロパー融資

通ったというご報告をいただけました

 

 

信用保証協会付き融資から始まり、

ようやくプロパー融資に至りました

 

 

プロパー融資を1つのステップにしていたので、

ホッとしています

 

 

銀行の融資は、

信用保証協会付き融資

プロパー融資にわかれます

 

 

信用保証協会とは、

信用保証協会が銀行と借りる人の架け橋のような存在です

 

 

(参考:名古屋市保証協会より)

 

 

新規の融資取引や、

まだ実績が無い企業には銀行としては

融資を出しにくい

 

 

銀行は実績から信用の度合いを判断します

 

 

信用保証協会はまだ信用力が乏しいうちから

信用を与えてくれる存在です

 

 

仮に企業の業績が悪くなったときには

企業に代わって代位弁済を行ってくれるため、

銀行にとっては保険にもなります

(※代位弁済によって借りている企業の返済が

免除になるわけではありません)

 

 

一方で、

プロパー融資とは信用保証協を

介さずに銀行から直接借りることです

 

 

保証協会には限度額があるため、

ステップアップとして

プロパー融資を目標とします

 

 

経営者の方に敏感になっていただきたいのが、

資金調達にもコストがかかるということです

 

 

例えば、

信用保証協会を利用すれば保証料が発生します

 

 

名古屋市保証協会の信用保証料シミュレーションで

信用保証料を計算してみましょう

 

リンクはこちら

 

 

借入金額1,000万円

返済期間60ヶ月

保証料率1%

 

 

この場合だと、

保証料は27.5万円です

 

 

ざっくりと30万円だと仮定します

 

 

この保証料は誰か支払うのでしょうか?

 

 

保証協会を利用して保険を受けているのは銀行側ですが、

保証料を支払うのは銀行から借りる側の企業です

 

 

決して少ない金額ではないですよね

 

 

例えばプロパー融資を目指すのであれば、

保証協会を介さないので保証料は発生しません

(※若干 金利は上がる可能性はあります)

 

 

経営者の方でコストでイメージしやすいのは税金です

 

 

税金を一生懸命節税しようとしている人は多いですよね

 

 

では仮に30万円の節税をするためには、

どれくらいのキャッシュが必要でしょうか?

 

 

下記の記事でいえば4番目の手法です

 

節税をするための4つの着眼点➀

 

正解はおおよそ100万円です

 

 

100万円のキャッシュアウトをすれば、

30万円の節税をすることができます

 

 

これはかなり大きくないですか?

 

 

こういった資金調達コストも

中長期的に削減をしていくのも大切です

 

 

銀行の考え方はシンプルです

 

 

貸した金額と金利がちゃんと回収できれば良いのです

 

 

そのためには、

 

 

①利益を出して納税をする

②税引後利益を大きくして手元のキャッシュを増やす

③純資産を厚くして銀行からの評価を上げる

 

 

節税に一生懸命になっていると、

知らず知らずのうちに

資金調達コストを上げている可能性があります

 

 

中長期的に財務体質を改善していきましょう

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

3つの処方箋で

自転車操業の会社を安定操業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄

戻る