2019年3月22日

カテゴリー:

事業計画作成&運用


早期経営改善計画のモニタリングで重点に置くテーマとは?

365日ブログ

599日目 

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

昨日は、

 

 

・相続税の申告書1件仕上げ

・来週の銀行との打ち合わせ資料作成

・顧問先への資料依頼リスト作成

・早期経営改善計画のモニタリング資料作成

 

 

などをやっていました

 

 

早期経営改善計画については下記をご覧ください

 

8種類の事業計画で会社を強くしよう!

 

会社の健康診断で予防治療~早期経営改善計画~

 

早期経営改善計画については、

計画作成のフェーズと

モニタリングのフェーズがあります

 

 

計画作成のフェーズでは、

 

 

・会社のビジネスモデル俯瞰図

・数値計画(資金計画、損益計画)

・アクションプラン(行動計画)

 

 

を作っていきます

 

 

そしてこの作った計画を実行し、

1年間の振り返りをする必要があります

 

 

この振返りの時間が、

モニタリングのフェーズです

 

 

そしてこのモニタリングにも

2つの局面があります

 

 

経営者と専門家でディスカッションする時間と、

経営者・専門家と銀行とディスカッションする時間ですね

 

 

それで個人的には、

このディスカッションする時間が

醍醐味だと思うんですよね

 

 

詳しくは下記のブログに書きました

 

”早期経営改善計画”から得られる3つの成果

 

というのも、

経営者の方の中には、

 

 

今まで事業計画なんて作ったことない!

銀行と話したことなんてない!

 

 

なんて方もいらっしゃいます

 

 

そんな方が

自社の数値計画と行動計画、

そして1年間の所感について

銀行・専門家とディスカッションする

機会というのは貴重だと思うんです

 

 

それでここからですよね

 

 

モニタリングで振り返りをした後ですよ

 

 

数値計画でも良い指標もあれば

あまり良くない指標もある

 

 

アクションプランを作っても、

未着手で終わったものもあれば

中途半端に終わったものもあると思うんです

 

 

今後それを踏まえてどうしていくか

 

 

自分1人だけでやると、

これって後回しにしがちなんです

 

 

専門家や銀行とある意味強制的に

ディスカッションする場が設けられています(笑)

 

 

制度を上手く使い、

自社の経営改善に役立てていきましょう

 

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄

 

  • 【無料診断】ドンブリ経営レベル5段階
  • 【無料メール講座】7日で学ぶ!ドンブリ経営から脱却するための最初の一手
  • 【1on1個別セッション】会社の経営数字について学ぶ!

月別記事

MONTH