2017年9月12日

カテゴリー:

融資&創業融資


創業融資②~手元資金を増やす3種類の資金調達~

365日ブログ

43日目

 

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄です

 

 

 

1. 利益よりも現金    

 

 

昨日は創業融資①について書きました

 

創業融資①~役割分担の明確化~

 

今日は、

手元資金を増やす資金調達の全体像について書きます

 

一番経営者の方のお悩みが根深いところです

 

 

会社の手元資金が不足すると

いろんな影響が出てきます

 

 

お金のブロックパズルでいえば、

 

 

 

 

引用:超☆ドンブリ経営のすすめ

”お金のブロックパズル”

著者 和仁 達也先生

 

 

 

・仕入先への買掛金が支払い

・従業員の給料の支払い

・社会保険料の支払い

・家賃の支払い

・税金の支払い

 

 

いろんな問題が出てきます

 

 

昨日も書きましたが、

日本の企業は7割が赤字

 

10年後の生存確率は10%

と言われています

 

 

つまり、

生存する会社より倒産する会社が

多いということです

 

 

倒産する会社は小難しい経営分析ができなかったとか

 

 

決算書の黒字・赤字の良し悪しではありません

 

通帳残高が0になるから倒産します

 

 

これから創業する方、

創業間もない方は

 

 

利益よりも現金を一番に念頭に

置いていただきたいと思います

 

 

2. 資金調達方法   

 

 

具体的に手元資金を増やす

資金調達方法です

 

 

手元資金を増やすには

大きくわけて3種類の資金調達だけ

覚えておけばオッケーです

 

 

 

コツコツ貯めた貯金も

返済義務が無いという点で

便宜的に受給に入れてあります

 

 

・借入→借りる方法

・受給→もらう方法

・投資→集める方法

 

の3つがあります

 

 

注目してほしいのは難易度です

 

 

助金は財源が税金、

助成金は雇用保険料なので

審査を受ける必要があるため

必ずしも調達できるものではありません

 

 

国の予算の関係上、

狙ったタイミングで取りにいくのが

難しかったりしますが、

タイミングがあえばぜひトライしましょう

 

 

投資も魅力的なビジネスモデルで

投資したいって方が大勢いれば別ですが、

タイミングが創業のタイミングだと

現実的に難しいと思います

 

 

 

3. 創業時には借入  

 

 

狙ったタイミングでスピード感を

持って希望額を調達するには借入が一番効果的です

 

 

次回は政策金融公庫の創業融資について書きます

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

ありがとうございました

 

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄

 

戻る