2019年2月23日

カテゴリー:

経営判断の基準を作る考え方


どのピースを選び、どのような絵を描くか?

365日ブログ

572日目 

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

先日、

定期訪問の際に

現状の経営状態の報告を

行ってきました

 

 

会社全体

不動産部門

美容部門

飲食部門

共通部門

 

 

部門は仮ですが、

このように会社全体の数字だけでなく、

各部門ごとの部門別計算も行っているため

数字とは前向きに行っている会社です

 

 

会社全体としては、

△(やや不調)

 

 

内訳を見ると、

不動産部門 ×(不調)

美容部門 ○(好調)

飲食部門 ○(好調)

 

 

こんなイメージです

 

 

つまり、

特定の部門が特に足を引っ張ってしまっているために

会社全体がやや不調となってしまっている、

こんなイメージです

 

 

ところが今回の報告、

少し今までの空気感と違っていました

 

 

簡単に言うと、

現金残高は増えているのに、

なんで数字が悪くなるのか?

 

 

こんな疑問点をぶつけてくれました

 

 

この会社は銀行から少し前に借入をしたために、

現金残高は増えた状態でした

 

 

現金が増えたから儲かっている

 

 

幹部の方々の頭の中は

こんなイメージだったんですね

 

 

ところが銀行から借りたお金は

いずれ返す必要があります

 

 

受け取ったときは利益ではないし、

返済したときは経費にならないんですね

 

 

お金のブロックパズルでも

銀行の返済は税引後利益からの返済です

 

 

税金を引いたあとの利益から返済していくんです

 

 

詳しくは下記の記事をご覧ください

 

 

借りたものは返すだけです~借入金の返済は経費ではありません~

 

さらにいえば、

この通帳に残っているお金は

銀行より先に税金を支払う必要があります

 

 

通帳に入金された108円。使っていい金額、いくらか知っていますか?~納税預金のススメ~

 

なぜかというと、

銀行の力より国の力のほうが強いから

 

 

だから、

通帳の残高だけを見て

経営判断をすることは危ないんですね

 

 

ではどうするのか?

 

 

起点になるのは自社の試算表決算書です

 

 

これらは今後どういった経営の舵取りを行っていくか

経営判断するためのピースが散らばっています

 

 

試算表や決算書の中では

現金残高は1つのピース、

指標でしかありません

 

 

不要なピースも散らばっています

 

 

僕はピースを取捨選別し、

効果的な使い方について

一緒に考えることができます

 

 

どのピースをかき集め、

どのような絵を完成させるか

 

 

経営者の方の想いが大切です

 

 

これは役割分担ですね

 

 

より良い経営の舵取りをしていきましょう

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄

戻る