2017年9月17日

カテゴリー:

法人税


来年の予定は明確ですか?~節税提案をそのまま実行すると 社長の目標が達成できないかもしれませんよ~

365日ブログ

48日目

 

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄です

 

 

先週、

決算前の打ち合わせで

南知多のお客様のところへ

打ち合わせに行ってきました

 

 

営業努力もあり

前期比で純利益が順調に増加

当初の見込みを上回りそうな勢いです

 

 

このままの着地点であれば納税する金額も増えるため、

社長から『節税をしたい!』とご相談を受けました

 

 

よくある場面ですね

 

 

節税の大きいパターンとしてが4種類の手法あります

 

節税をするための4つの着眼点➀

 

僕は財務目線の優先順位で考えています

 

 

節税は必ずしも手元のキャッシュの増加にはなりません

 

 

例えば、

お金を使って節税する方法

決算期直前で保険を使って圧縮する方法

保険の営業マンから提案を受けたとします

 

保険の種類でいえば、

資産性が高い保険は全額損金にならずに

半分しか損金にならないものが

わかりやすいですね

 

 

※損金=経費だと思ってください

 

 

1000万円の支払保険料で、

半分の500万円が損金になった場合の

節税効果っていくらでしょうか?

 

 

中小企業の法人税の税率はおおよそ30%です

 

 

つまり、

500万円×30%=150万の節税効果があります

 

 

1000万円の保険料支払い

150万の節税効果

 

 

結果として850万の資金流出という結果です

 

 

一方で保険に入らず

利益をそのまま残した場合だと、

1000万×(100%-税率30%)=700万円の内部留保になります

 

 

手元資金を厚くして財務体質を強くするために

納税をして手元資金を生み出していくという

感覚をぜひ知っていただきたいと思います

 

 

話を戻すと、

この打ち合わせで

 

・来年に大きな設備投資をしたい

・設備投資のために銀行からの資金調達を考えている

 

ということがわかりました

 

 

そのため、

今回は短期的な節税はやめて内部留保を手厚くしよう

という話になりました

 

 

節税が必ず現金を生むとは限りません

 

 

節税しないほうが良い場合もあります

 

短期的な視点だけじゃなくて、

その節税が長期的に必要か?

目標達成に近づけるのか?

 

 

という視点で検討をしてみてください

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

ありがとうございました

 

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄

戻る