2021年2月16日

カテゴリー:

成果を出す考え方


わかりやすい成果測定「昨対比の時間集計」

365日ブログ

1296目


公認会計士・税理士

畑中 外茂栄です



今日から重めの法人決算に取り掛かるため、

3日間集中する時間を確保しています



去年は時間が無い中、

初めての申告であわてふためながら

進めていてなかなか大変だった記憶があります(>_<)



今回は2回目かつ税務上の論点も年間を通じて把握しています



何より2回目ということで精神的に安心感があります



昨日も社内の労働時間、

時間についてブログでしたが

やっぱり時間管理はすごい大事



ご自身にとって、

成長を実感できる瞬間はありますか?



上司に褒められた

取引先に感謝された



それぞれいろいろとあるかもしれませんが、

僕はシンプルに同じ業務を時短できた瞬間は実感します



普通にやっていけば



1回目より2回目、

2回目より3回目



と慣れて効率化できていきます



例えば,

1回目は同じ業務を行うのに5日かかったのを、

2回目は3日に短縮できたとします



売上の金額は同じ案件では変わりません



ですが、

同じ案件をより短い時間で

済ませることができれば

時間単価は向上します



これはものすごい価値になります



そのため昨対比の時間集計は重要な成果指標です



空いた時間は別の案件をやってもいいし、

自分のプライベートの時間にも使うことができます



仕事を2倍の速さで終わらせることができるなら、

2倍の人生の密度を過ごしていることと一緒になります



必要な業務はより早くできるように

無駄な業務は最初からやらないように



シンプルに意識をすることが大切ですね



公認会計士・税理士

畑中 外茂栄

  • 【無料診断】ドンブリ経営レベル5段階
  • 【無料メール講座】7日で学ぶ!ドンブリ経営から脱却するための最初の一手
  • 【1on1個別セッション】会社の経営数字について学ぶ!

月別記事

MONTH