2019年2月25日

カテゴリー:

成果を出す考え方


先送りしない習慣、今すぐ15分

365日ブログ

574日目 

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

先日、東京に行く際に新幹線に乗ったときの話です

 

 

名古屋駅に向かっている途中で、

新幹線乗り場の住よしのきしめんが、

どうしても食べたくなりました・・・

 

 

しかし計算すると、

すでに取ってある新幹線の時間まで

残り7分ほどでした

 

 

ここで選択肢が2つ

 

 

ダッシュで食べるか、

乗る新幹線を1本遅らせるか

 

ところが新幹線を一本遅らせると、

東京に着いたあとの予定がずれ込んでいきます

 

 

結果、

ダッシュで食べました

 

 

美味しかったです(^^)

寒いと、染みわたる感覚ですね

 

 

ところで、

日常でもこんな似たような場面ありませんか?

 

 

今日やってもいいし、

明日やってもいい業務

 

 

こんなときは先送りするか、

間に合わせるかの決断が重要になってきます

 

 

こんなときは、

今すぐ15分です

 

 

 

これは所属している、

日本キャッシュフローコーチ協会の

代表理事 和仁 達也先生が提唱している考え方です

 

 

人間ですから、

基本的な能力に差はありません

 

 

ですが、

成果を出すのが早い方もいれば

成果を出すまでに時間をかかってしまう方もいる

 

 

成果を出すためには

決断をして行動することが必要です

 

 

そして成果を出す方は、

取りかかるまでの行動が早いのです

 

 

例えば、

こんな経験は無いでしょうか?

 

 

昔、

学校で出されたちょっと嫌な宿題

 

 

手をつけるまでなかなか気分が乗りませんが、

一度教科書を開いて問題集を解きだせば

一気にがーッと進んでいく

 

 

取り掛かるまでが大変ですが、

取り掛かった後はその勢いで

進んでいくことがあります

 

 

そしてこんな経験も無いでしょうか?

 

 

とにかくレスポンスが早い方もいます

 

 

こういった方は暇だから早いのでしょうか?

 

 

こういった方も決して暇だから

レスポンスが早いのではありません

 

 

取り掛かるまでが早いのです

 

 

だから最初の15分だけ、

とりあえずやってみる

 

 

もしそのまま勢いがつけば続ければいいし、

やっぱり嫌だったら15分で止めてもいいのです

 

 

先送りしないために、

今すぐ15分の習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

お忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄

戻る