2018年11月8日

カテゴリー:

成果を出す考え方


興味を引き出す商品名、使っていますか?

365日ブログ

465日目 

 

3つの処方箋で

自転車操業の会社を安定操業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

最近いろんな体の不調を感じています

 

 

体重はその一つです

 

 

昔は何をどれだけ食べても太りませんでしたが、

最近は1キロ~2キロは一瞬で太りますね^^;

 

 

そして落ちない・・・

 

 

こればっかりは日頃から

節制していくしかありません

 

 

知人の会計士が紹介していたんですが、

最近この本を読みました

 

 

シリコンバレー式自分を変える最強の食事術

 

 

その中で完全無欠コーヒーというのが紹介されています

 

 

簡単に言うと、

 

 

①高品質・新鮮なコーヒー

②グラスフェッドバター

(牧草だけを食べて育った牛のミルクが原料)

③MCTオイル

(中鎖脂肪酸)

 

 

この上の3つを混ぜたコーヒーを朝に飲みます

 

 

僕のコーヒーが好きなのですが、

バターと油を入れるというのが

最初は若干抵抗がありました

 

 

脂肪が燃焼しやすくなるそうですが、

まだ数日なので正確な効果は測定できていません^^;

 

 

たしかに減ったのですが、

許容範囲内の自然減のような

気もするので様子見です

 

 

思ったのが、

興味を惹きつける商品名って

大切ということです

 

 

キャッチコピーとも言います

 

 

例えば、

メニュー表でコーヒーが並んでいたとき

 

 

①コーヒー

②ほんのり苦い香り豊かなコーヒー

③完全無欠コーヒー

 

 

と並んでいたら、

①よりも②か③を選んでみたくなりますよね

 

 

あるいはオムライス

 

 

①オムライス

②キノコたっぷりオムライス

③ふわとろ卵のトロ~リオムライス

 

 

やはり②か③も興味が湧いてきます

 

 

士業でも○○業務といった

業務に差別化が難しい商品でも、

キャッチコピーでは印象に

差をつけることができます

 

 

購入に当たっての不安や懸念は

解消できる可能性はありますが、

無関心の方に関しては売り込みになってしまいます

 

 

売り込みはお互いにとってよくありませんよね

 

 

商品名や使っているツールに

キャッチコピーをつけて工夫をする

 

 

お客様の未来を連想したり負の部分を解消する

キャッチコピーをつけて工夫をする

 

 

これに関してはノーリスクです

 

 

お客様が興味を持って質問をしてくれれば、

そこからまた広がりも生まれる可能性があります

 

 

『このコーヒーってどういうコーヒーですか?』

 

 

質問が生まれれば商品に対して

興味を持っていただいている状態です

 

 

お客様の興味を引き出していきましょう

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

 

3つの処方箋で

自転車操業の会社を安定操業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄

戻る