2018年4月11日

カテゴリー:

融資&創業融資

資金調達

経営判断の基準を作る


創業融資⑦~自己資金の確認、していますか?~

”先手で見せましょう!”

 

365日ブログ

 

254日目 

 

 

おはようございます!

 

 

畑中です

 

 

新しく創業される方から

政策金融公庫の創業融資について

質問を受けました

 

 

↓前回までの記事はこちらをご覧ください

 

創業融資⑥~創業融資実行後の追加融資~

 

創業の段階で

融資を希望される方は

多くいらっしゃいます

 

 

通帳の残高が0になってから

調達を考えるのではなく、

先に手持ちキャッシュを厚くをしてから

事業をスタートします

 

 

もちろん借りたものは返す必要があります

 

 

もらった資金ではありませんからね

 

 

借りたあとの返済計画も

同時に考える必要があります

 

 

今回を質問は、

 

 

 

自己資金

 

 

 

についてです

 

自己資金は

下記のようなイメージです↓

 

 

今回質問を受けたのは、

 

 

自己資金って通帳で確認されるんですか?

 

 

という質問です

 

 

いい質問でした(笑)

 

 

自己資金というのは、

 

 

コツコツ貯めたお金

 

 

のことです

 

 

事業計画上は自己資金が

あるように見せかけて、

実際は通帳残高にまったくない

 

 

そのため自己資金があるように、

一時的に親族から借りて

通帳残高に自己資金があるように見せる

 

 

これはいわゆる見せ金といって、

自己資金とは認められません

 

 

こういった本当に通帳残高にあるか、

見せ金がどうか見抜くためにも

公庫担当者は通帳残高を確認します

 

 

 

通帳のコピーは事前に提出しましょう

 

 

 

公庫担当者から通帳残高を

確認させてくださいと言われる前に

必要書類の一部として

事前に用意するのです

 

 

実は昔、

創業融資をお手伝いをしたときに、

失敗をしたことがあります

 

 

ヒアリングをして調達したい金額と

自己資金を確認をしたところ、

面談前日になって

自己資金がまったくないことが

判明したことがありました😰

 

 

後に通帳残高を確認され、

結果は当然×

 

 

かなりいい勉強になりました・・・

 

 

一度審査が×になってしまうと、

少なくても半年は再度申込みができません

(あくまで目安です)

 

 

調達したい金額と

自己資金のバランス

 

 

必ず事業計画に落とし込んでいきましょう

 

 

本日もお読みいただき、

ありがとうございました

【ワークショップ&セミナー情報】

週に1~2回、ワークショップとセミナーを開催しています。

詳細については下記をご参照ください

 

【6月ワークショップ&セミナー情報】

 

戻る