2018年12月18日

カテゴリー:

融資&創業融資


銀行から『借りてください!』と言われた場合には一呼吸を置く

365日ブログ

505日目 

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

昨日は顧問先の方と

中華ランチ&コメダでコーヒーを

飲みながらミーティングでした

 

 

そんな中でこんな話が出ました

 

 

銀行から

 

 

『借りてくだい』

『全然貸すことはできますよ』

 

 

と提案を受けているとおっしゃっていました

 

 

ちょうど12月という時期もあって銀行も

行員の方も融資の提案をしやすい時期です

 

 

よく銀行のことを、

 

 

『晴れの日には傘を貸し、

雨の日には傘を取り上げる』

 

 

と言います

 

 

天気の業績の事です

 

 

良い業績の会社には貸したがるし、

悪い業績の会社は貸し渋ります

 

 

ところが借りる当事者からすれば、

業績が悪いときは資金繰りが厳しい

 

 

資金繰りが厳しいときこそ

借りたいと思うときです

 

 

銀行の判断基準はシンプルです

 

 

貸したお金金利を回収できるかどうか

 

 

貸したがっているということは業績が好調と判断し、

取引をしたがっているとも考えられます

 

 

銀行からの融資で受けたお金は

いただいたお金ではありません

 

 

借りたものはいずれ返す必要がありますし、

借りたお金に対する利息も発生します

 

銀行からの融資に対する2つの考え方

 

銀行への利息に対する2つの考え方

 

 

必要なものは必要

不要なものは不要

 

 

自分の軸を置き、

ビジョンに沿った経営判断をしていきましょう

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄

  • 【無料診断】ドンブリ経営レベル5段階
  • 【無料メール講座】7日で学ぶ!ドンブリ経営から脱却するための最初の一手
  • 【1on1個別セッション】会社の経営数字について学ぶ!

月別記事

MONTH