2017年1月10日

カテゴリー:

相続税


平成27年度 相続税課税対象者

税理士法人SUN

公認会計士・税理士の畑中です

 

3連休明けですね

 

土曜日に昨年度末に依頼を受けた

相続税の遺産分割案を作成をしておりました

 

 

先月に国税庁から相続税に関する

興味深いレポートが発表されたのでお知らせしたいと思います。

 

国税庁のレポートはこちら

 

少し難しい用語が多いのですが、

 

要約すると

平成27年に相続税を申告した人が

平成26年と比較をして2倍になったということです

 

下記の数字の8%というのは亡くなった人のうち、

課税対象になった人の割合です。

 

%e8%aa%b2%e7%a8%8e%e5%89%b2%e5%90%88%e3%81%ae%e6%8e%a8%e7%a7%bb

 

この背景には平成27年から相続税法の改正があり、

基礎控除額が下げられた背景があります

 

 

この改正により申告する人が

倍増をすると言われていましたが、

予測の通り倍増をしたと結果になりました。

 

一昔前であれば相続税は

富裕層の方の税金というイメージが強かったですが、

昨年度の実績で10人~12人に1 人は課税されたという結果になり、

身近な税金に近づいてきております。

 

 

ただ、いきなり相続税対策に入る前に、

まずはご自身の財産目録(持っている資産、負債の一覧)を作成し

現状の把握からスタートすることが大切です

 

それでは本日もがんばりましょう(^^)/

 

戻る