2018年4月3日

カテゴリー:

決算・決算書・決算業務


小口現金の管理①~帳簿残高と手元残高~

365日ブログ

246日目 

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄です

 

 

先月で税理士の仕事の繁忙期が終わりましたが、

4月から5月は会計士の仕事、

監査業務が本格化します

 

 

監査業務は経営者の作成した財務諸表が

適性かどうかを検証していきます

 

 

対象となる会社は、

 

 

・上場企業

・非上場会社のうち、規模が大きい会社

(資本金が5億円以上又は負債が200億円以上)

・学校法人

・投資事業有限責任組合

・医療法人

・社会福祉法人

 

などです

 

 

日本の上場企業は3月決算が一番多いので、

4月から5月に業務が集中します

 

 

昨日は、3月決算の

在庫の棚卸立会、

貯蔵品の実査、

現金の実査を行ってきました

 

 

①在庫の棚卸立会

 

 

在庫リストに計上されている在庫が

本当に存在するか確認をしにいきます↓

 

 

②貯蔵品の実査

 

 

印紙や新幹線のチケットなどは

購入しても使用しなければ在庫として

計上するため、カウントをします↓

 

 

➂現金の実査

 

 

帳簿の残高と手持ちの現金残高が

一致しているかカウントをします↓

 

 

 

 

畑中
帳簿に計上されているお金、本当に手元にあるかな?

 

 

こういった視点でカウントをしていき、

ピッタリあえばオッケーです👍🏻

 

 

税理士業務であれば、

お客様の在庫の棚卸立会や

手元現金を数えたり、

税理士自らが行ったりはしません

(やっている人もいるかもしれませんが・・・)

 

 

あくまでお客様自身に

行っていただいた結果をもとに

申告作業を進めます

 

 

こういった点は税理士業務と

会計士業務の異なる点ですね

 

 

ちょっと今日はこの小口現金について少し

お話をしたいと思います

 

 

例えばこの小口現金というのは、

上場企業であれば日次で1円単位で

ピッタリ合わせるところが多いのですが、

中小企業の場合だと管理が

甘くなりがちなところです💦

 

 

例えば、

決算書の残高で

小口現金が500万円

 

 

 

違和感がありませんか?

 

 

小口現金は一般的には↓のような小さな金庫に

保管がされています

 

 

 

 

本当に500万もあるのか?

 

 

という話ですよね

 

小口じゃなくて大口じゃないかと(笑)

 

畑中
鈴木社長、現金の帳簿残高が500万円となっていますけど、本当に手元に500万円ありますか?

 

鈴木社長
畑中さん、ぜんぜん残ってないです

手元に残っているのはせいぜい数千円です

 

畑中
鈴木社長、ちょっとそれはマズいですね・・・

 

 

 

今回は500万という極端な例を出しましたが、

実際こういうケースはかなりあります

 

 

そしてこういったケースは

2つの視点でマズいのです

 

 

長くなったので、

一度切りたいと思います

 

 

明日は続きを書きます

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄

戻る