2019年1月15日

カテゴリー:

経営判断のための土台を作る考え方


個人も家計をマネジメントしよう

365日ブログ

533日目 

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

広く普及し始めた年は、

○○元年と例えられることがあります

 

 

2017年は仮想通貨元年と言われ、

仮想通貨が話題になりました

 

 

2018年はキャッシュレス元年

 

 

PAYPAYの100億円還元キャンペーンなど、

各社のキャッシュバックや

ポイント還元が話題になりました

 

 

 

 

ダイヤモンドオンラインで

キャッシュレス決済で

苦しんでいる方の記事、

『LinePayやPayPayを使いまくり貯金が

激減した37歳会社員の本末転倒』が載っていました

 

リンクはこちら

 

 

キャッシュバックやポイント獲得が主になり、

通帳残高がいつもより50万円少なくなったという話でした

 

 

全額還元キャンペーンに運良く当選した人を除けば、

使うお金>キャッシュバックorポイントになります

 

 

20%還元でも結局残りの80%は自己負担になります

 

 

この37歳会社員の方の感想が

よく心情を表していますね

 

 

「いくら使っていたのか、全くわからなかった」

 

 

結果には必ず原因があります

 

 

お金が減ったという結果には

お金を使ったという原因があります

 

 

ここで記録をしていれば原因の細分化ができ、

今後の対策を打つことが可能になります

 

 

ドンブリ経営で問題になるのは下記の状態です

 

 

収入よりも支出が大きくて

足りないお金が出ている状態です

 

 

そしてその原因がわからない・・・

 

 

この37歳の男性の頭の中は

まさにこの状態でしょう

 

 

上記のダイヤモンドの記事の最後に、

家計簿アプリで支出を管理しようと書いてありますが、

これも非常に大切です

 

 

僕は個人の家計簿アプリでは

マネーフォワードを利用してます

 

個人の家計の改善~1カ所に集約し、見える化する~

 

特にクレジットカードは

利用した日から1ヵ月~2ヵ月後に支払いがくるため、

無意識のうちにどんどん使ってしまい

引き落としの金額を見て驚くこともよくある話です

 

 

複数のカードを使うと、

さらに複雑になってきます

 

 

マネーフォワードは一度連動しておけば、

クレジットカードの利用した日で記帳されます

 

 

上の太線枠内のの

収入と支出のバランスを確認し、

収入>支出の形を保っていれば

必ずプラスになります

 

 

手書きで家計簿を書くのも

ツールを利用するのも自由ですが

まずは記録をするところか始めましょう

 

 

記録をすれば、必ず改善します

 

 

これは法人も個人も一緒ですね

 

 

国もキャッシュレスを普及させる方針なので、

個人の家計もマネジメントしていきましょう

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄

戻る