2017年11月1日

カテゴリー:

融資&創業融資


経営力強化資金制度~政策金融公庫~

365日ブログ

93日目

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄です

 

 

年明けに

新規事業を展開したい方独立する方からの

融資関係のご相談が増えてきました

 

 

今日は意外と知られていない
専門家と融資制度のご紹介です

 

 

専門家とは、

経営革新等支援機関(認定支援機関)です

 

 

経営革新等支援機関(認定支援機関)の定義としてはこうです↓

 

認定制度は、
税務、金融及び企業財務に関する専門的知識や
支援に係る実務経験が一定レベル以上の
個人、法人、中小企業支援機関等を、
経営革新等支援機関として認定することにより、
中小企業に対して専門性の高い支援を
行うための体制を整備するものです

 

 

ざっくり言うと、
国がお金まわりのプロと認める制度ですね

 

↓イメージ図

 

 

弊社も認定していただいています

 

 

というのも、
この認定支援機関が

関わっていないと使えない

 

 

税制制度・融資制度・補助金制度・金利の優遇制度があります

 

 

今日はそのうちの1つ、

政策金融公庫の経営力強化資金制度をご紹介したいと思います

公庫URLはこちら

 

 

政策金融公庫の概要はこちら↓

 

創業融資➂~政策金融公庫の担当者が見ている3つのポイント~

 

新規事業や独立で手持ち資金に不安な方は

借入での資金調達を考えるのも1つです

 

 

上の制度では認定支援機関と協力することで、

上限2,000万円まで自己資金0・無担保・無保証で利用できます

 

 

しか支店長決済ので、

スピード感を持って調達できます

 

 

これはお金のプロ、
認定支援機関と協力して
しっかり事業計画を作ること、

そして作った後も

モニタリングを受けることで
安全性を担保しているんです

 

 

そのため、借りたあとも

定期的に結果を報告する義務があります

 

 

資金調達の1つとして
知っておいていただけると幸いです

 

 

もし新規事業を始める際には、

 

 

新規事業を何年で投資金額を回収できるのか?

 

 

何年で投資金額を回収できますか?

 

 

あわせてこちらも考えていきましょう

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄

 

戻る