2017年8月16日

カテゴリー:

融資&創業融資


小さな会社(創業~売上1億円未満)のメインバンクの選び方

365日ブログ

16日目

 

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄です

 

 

数日に渡って

 

融資の考え方

利息の考え方

通帳の分け方

 

を書きました

 

銀行からの融資に対する2つの考え方

 

銀行への利息に対する2つの考え方

 

お金に色をつける~通帳の3つの分け方~

 

今日は小さな会社のメインバンクの選び方です

 

※小さな会社とは、

個人的な見解で創業~売上1億円未満を

想定しています

 

 

会社の設立登記が済んで

晴れて事業がスタートします

 

 

そのときに真っ先に行うのが

銀行の通帳を作るです

 

 

 

銀行の規模の順に並べると

 

メガバンク

地方銀行

信用金庫

 

と分類が大きく分かれます

 

 

あとは組合などもありますね

 

 

最近は店舗を持たない

ネットバンクもあります

 

手数料の安さが魅力的です

 

 

選ぶ基準は人によって

バラバラだと思います

 

 

・場所が近いから

・個人の口座も使っているから

・手数料が安いから

 

 

なども正解だと思います

 

 

個人的には、

 

 

困ったときに助けてくれるか

 

 

これに尽きると思います

 

 

そこでおすすめしているのは

信用金庫です

 

 

メガバンクや地方銀行は

売上が○○億、あるいはもっと規模が大きい

会社を対象にしています

 

 

信用金庫は

地域に根差して

中小企業をサポートしています

 

 

お客様に同行をして

銀行の方に現状の説明をしても

やはり信用金庫の方は

熱心に耳を傾けてくれます

 

 

『今は借入はするつもりは無いから必要はない』

 

 

と現時点では思っていても

将来的にどうなるかは

誰にも予測がつきません

 

 

そして困ったときに

助けてくれるかは『実績』で判断されます

 

 

そのため、

長期的なお付き合いを

見込んで選んでください

 

 

もしくは前に書いた

通帳の分け方で

 

 

お金に色をつける~通帳の3つの分け方~

 

 

・1つは長期的なお付き合いを見込んだ信用金庫

・1つは手数料の安さで選んだネットバンク

 

 

と組み合わせるのも1つの方法です

 

 

本日もお読みいただき、

ありがとうございました

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄です

戻る