2017年10月17日

カテゴリー:

経営理念(ミッション・ビジョン・カンパニースピリッツ・セルフイメージ)


ミッションを抱いて走り切る~使命感が自分を突き動かす~

365日ブログ

78日目

 

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄です

 

 

 

今月と来月は、

会計士の仕事の”監査”という仕事の

ボリュームが増える時期です

 

 

上場企業は年に4回決算があります

 

 

ちょうど10月~11月前半が、

2回目の決算を監査する時期なんです

 

 

監査という仕事はいわゆる企業の決算書のチェックをして、

信頼できる情報ですと太鼓判を押すのが役割です

 

 

税理士の仕事は税務業務

 

 

依頼者に代わって、

決算書や申告書を代行して作成

することできます

 

 

決算書を扱うという点は共通していますが、

会計士と税理士の仕事は似ているようで異なる内容です

 

 

僕はこの会計士という仕事を知ったのは、高校生の頃でした

 

父親が大工

 

母親が銀行員

 

 

 

をしていました

 

 

お金や経営数字を扱いながら

経営者の方の役に立ちたいと思って

将来の仕事を探していたところ、

大学のパンフレットで紹介されていたのがきっかけでした

 

 

これが今のミッション(使命感の原型になり、

進むべき方向突き動かしてくれました

 

 

仕事仲間と話をしていても、

ミッション(使命感)を持って

取り組んでいる人と、

そうではなく持っていない人では熱量が明確に違います

 

 

お金を稼ぐのは手段であって、

ミッションではありません

 

 

なぜこの仕事をやっているのか?

 

 

考えたことがない方は

ぜひ一度考えていただければと思います🙂

 

Whyの部分です

 

 

サイモンシネックの

3つのゴールデンサークルも

とても参考になりますよ↓

 

アップルに学ぶ”自己紹介”と”他己紹介”~PRする時間を1分間与えられたら何を話しますか?~

 

何はともあれ、

高校生の頃になりたいと思った

仕事ができているのは

やはり大変ありがたいことですね

 

 

これからもがんばっていきます

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

ありがとうございました

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄

戻る