2019年2月9日

カテゴリー:

経営判断の基準を作る考え方


会議の中にも踊り場を設ける

365日ブログ

558日目 

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

昨日はクライアントの方と

ステップアップミーティングを行ってきました

 

 

今後さらに会社をより良くしていくために、

ステップアップしていくために大切な打ち合わせです

 

 

ちょうどこれから4期目へ向かっていく中で、

過去3期分のキャッシュフローのレポートを取りまとめ、

課題や原因、そして今後の対策を話し合ってきました

 

 

以前にも書きましたが、

3期目の決算をベンチマークにし

今後の経営判断を基準を作っていくのが大切です

 

3期目の決算を経営判断のベンチマークに

 

時間にして白熱してしまい、

気づけば120分ほど経過してしまいました^^;

 

 

僕から3年間向き合わせていただいた所感も

コメントには書いてあるのですが、

一番大切なことは経営者の方が

今までのことをどのように振り返り、

今後どうやって実践していくかが大切にしています

 

 

そのため、

考えて書きとめる時間というのを大切しています

 

 

インプットとアウトプットですね

 

 

要所要所で区切ってはいますが、

時間にしてご自身で考えて書いていただく時間は

120分の中で30分はあると思います

 

 

3期分の情報といえば、

かなり情報量です

 

 

1期ごとに共有してきた歴史もドラマもあります

 

 

いきなり議論しましょうといっても

まったく情報量が揃っていない状態では意味がありません

 

 

経営者の方の内から出てくる言葉は

こちら側では予測できない言葉がたくさん出てきます

 

 

この言葉の中に次の一手の情報も隠されています

 

 

会議の中にも踊り場を作る

 

 

質の良い会議にするためにも

改めて踊り場という効果を体感しました

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄

戻る