2018年1月10日

カテゴリー:

所得税


還付申告を2月15日以前にやるメリット~税金が返ってくる方はお早めに~

365日ブログ

163日目 

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄です

 

 

確定申告が本格化する3月

 

そこから

3月決算の会社が本格化する、

4月から5月

 

ここからは祭りのような

ムード感になっていきます

 

 

今日は来月から

本格化する確定申告ネタを少し

 

確定申告をする方は

基本は2月16日から3月15日に行います

 

ところで、

還付申告の場合は2月15日以前でも

申告できます

 

還付申告というのは、

税金が返ってくる場合です

 

ちゃんと国税庁のホームページにも

書いてあります

通常は青色の部分、

還付申告はオレンジ色の部分ですね

 

 

 

 

どういう人が還付申告になるかというと、

 

医療費控除

住宅ローン控除

予定納税を多くしすぎた場合

給与からの源泉所得税が多い場合

 

などがあります

 

僕も毎年1月中

確定申告書を作って

提出しています

 

1月中にやる目的ですが、

理由は3つあります

 

1つは、

 

税金の返ってくるスピードが早い

 

ことです‼

 

通常の期間で確定申告をすると、

当然税務署は業務が集中します

 

今やると、

税務署の人も時間に余裕があるわけですね!

 

通常の期間でやれば、

だいたい1ヶ月前後で返ってくる感覚です

 

1月にやれば、

だいたい2週間程度、

2月の最初くらいには返ってきます

 

早く返ってくるのはうれしいですよね

 

2つ目は、

 

一発目の確定申告の練習を

自分で試してみる!

 

これは税理士ということもあるんですが、

最初の練習台は自分です

 

スポーツも練習が必要ですよね

 

 

確定申告の様式が変わったりしますし、

練習がてらに時間があるうちに

さわるようにしています

 

 

 

3つ目は、

 

 

去年のことは終わらせて

今年のことを考えたい!

 

 

これが一番大きいです

 

やることは終わらせて

切り替える

 

これがけっこう大きいですよね

 

これは還付申告に限らず

納税申告の方も今からできることは

準備していったほうがいいと思います!

 

いずれやらなければいけないんだったら、

もうやっていきましょう!

 

特に住宅ローン控除や医療費控除など、

税法の特典を使う場合には

書類の準備など。

けっこう大変です

 

大丈夫だと思ったけど

意外と書類が足りてなかった

 

こういうことも多いんですね

 

余裕を持った対応をしていきましょう

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄

戻る