2019年4月13日

カテゴリー:

お金のブロックパズル


交通費もあなどれない。変動費になるか固定費になるかはケースバイケース

365日ブログ

622日目

 

短期でキャッシュフローを改善し、

経営者のビジョンと願望実現を支援する

 

財務戦略の専門家

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

昨日は新しく新店舗をオープンされる

お客様の経理説明会に同席してきました

 

 

経理説明会とはテナント側が行う、

事前の説明会のようなイメージです

 

 

お客様の新しい店舗が増えていく瞬間は

こちらもワクワクしますね ^^

 

 

この経理説明会は店舗でのお金の管理方法の話や

テナントの管理業務の話が主だったんですが、

その中でお金の話で気になることが1つあったんですね

 

 

それは駐車料金の負担です

 

 

商業施設でも、

○○円以上は駐車料金無料

 

 

車を駐車場に停める際に駐車券をもらって、

一定以上の金額を購入した際に

駐車券を機械に通したりハンコをもらうことで

一定時間無料になります

 

 

こんな形態はよくあると思います

 

 

昨日のテナントの場合、

この駐車料金については

お客様が購入した店舗先が

全額負担になる利用形態でした

 

 

これはなかなか大変だなと思っちゃいました(^^;

 

 

というのも、

例えば2,000円の買い物をして

駐車料金200円を無料にした場合を考えてみます

 

 

売上2,000円-駐車料金200円で

実質の売上高は1,800円になります

 

 

つまり、

常に10%引で販売している状態になっています

 

 

原価率によりもよりますが、

常に10%の値引きが最終利益に

与える影響は大きく変わってきます

 

 

1,900円の売上であれば駐車料負担は無いので、

売上1,900円-駐車料金0円で実質の売上は1,900円です

 

 

2,000円の売上よりも1,900円の売上のほうが、

手取りを減るというのはやはり規定として

少しおかしく感じますよね(^^;

 

 

とはいえルールはルールなので・・・

 

 

経営サイドとしてできることは、

単価の見直しです

 

 

今回のような旅費交通費を、

お金のブロックパズルでは

売上に応じて変動して発生する

変動費として考えましょう

 

 

引用:超ドンブリ経営のすすめ

お金のブロックパズル

著者 和仁 達也様

 

 

通常であれば、

旅費交通費であれば

年間で発生するのもほぼ固定だと思うので

固定費として考えればよいのですが、

今回の場合は売上に応じて発生する

変動費として考えましょう

 

 

先ほどの例でいえば

売上2,000円-変動費(駐車料金)200円で

粗利として1,800円として考えるイメージですね

 

 

商品の原価ももちろん

変動費として考えていきます

 

 

この粗利と固定費が同じであれば

収支トントンの状態です

 

 

まずは月次の固定費の金額と見合う

売上と粗利を平均顧客単価×数量で

シミュレーションしていきましょう

 

 

短期でキャッシュフローを改善し、

経営者のビジョンと願望実現を支援する

 

財務戦略の専門家

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄

  • 【無料診断】ドンブリ経営レベル5段階
  • 【無料メール講座】7日で学ぶ!ドンブリ経営から脱却するための最初の一手
  • 【1on1個別セッション】会社の経営数字について学ぶ!

月別記事

MONTH