2018年11月3日

カテゴリー:

お金のブロックパズル


スターフライヤーの業務委託から考える固定費の変動費化~選択と集中~

365日ブログ

460日目 

 

3つの処方箋で

自転車操業の会社を安定操業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

航空機のスターフライヤーが

業務委託で固定費を削減する記事が出ていました

 

 

 

 

引用:日経新聞より

 

 

文中の枠内をご覧ください

 

 

『固定費を抱えず、運航便数に応じて

委託コストを払うことで採算性を確保する』

 

 

採算性を高めるための対策ですが、

業務の一部を自社でカバーせずに

他の航空機会社に任せてしまいます

 

 

いわゆるアウトソーシング、外注です

 

 

お金のブロックパズルでいえば、

枠内の固定費を売上に応じて

発生する変動費に持っていきます

 

 

 

 

引用:超☆ドンブリ経営のすすめ

”お金のブロックパズル”

著者 和仁 達也先生

 

 

それぞれの定義を改めて確認をしておきましょう

 

変動費は売上に応じて発生する費用、

固定費は売上に関係なく固定的に発生する費用です

 

 

自社内で人件費や諸経費、

設備投資まで賄ってしまうと、

場合によっては赤字になり

採算割れになってしまいます

 

 

一方で今回の例でいえば、

業務委託することで飛行機がフライトをして

売上が発生したときだけコストが発生するため、

手堅く利益を残すことが可能になります

 

 

収益性や効率性にばかり目がいきがちですが、

一番のメリットは自社が得意な分野に集中できることです

 

 

不得意な分野はコストを払ってでも、

思い切って得意に人に任せる

 

 

結果として時間もコストも削減することができます

 

 

ご自身を振返ってみると、

苦手なことや得意では無いことに

力を入れてはいないでしょうか?

 

 

その力を自分が得意なことに注いだ場合

 

 

どちらが結果としてより良くなっていくでしょうか?

 

 

何でもかんでも自社で補おうとしてしまうと、

結果として力は分散してしまいます

 

 

自分が得意な分野に最大限力を注いでいきませんか?

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

 

3つの処方箋で

自転車操業の会社を安定操業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄

戻る