2018年10月28日

カテゴリー:

ビジネスに効くツール


押し寄せるキャッシュレスの波~スマホ決済サービスのPAYPAY~

365日ブログ

454日目 

 

3つの処方箋で

自転車操業の会社を安定操業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

消費税増税と軽減税率導入に向けて、

毎日いろんな話題が出ています

 

 

消費税の増税と軽減税率については

過去3回で基本的な部分について書きました

 

 

お時間あればご覧下さい

 

全業種に関係ある消費税の増税と軽減税率の話➂~現行制度と区分記載請求書~

 

その中で、

注目されているのがキャッシュレス

 

 

クレジットカードを利用すれば

一定のポイント還元をするといった方法です

 

 

賛否両方ありますが・・・

 

 

実行されるかどうかも含めて、

詳細についてはまだまだ不透明です

 

 

日本は世界的に見てもキャッシュレスの仕組みが

他の国と比較しまだまだ遅れていると言われています

 

 

日本のキャッシュレスの比率は2018年現在で約20%

 

 

韓国や中国ではキャッシュレスの比率は

60%~90%と他の国と比較しても

非常に高くキャッシュレスが浸透しています

 

 

 

また経済産業も2018年4月発表した

『キャッシュレス・ビジョン』というレポートの中で、

キャッシュレスの比率を2025年までに40%

将来的に80%まで高めることを明記しています

 

 

こういった点から

キャッシュレスについては

今後は日本で普及していくだろうと

個人的にも思っています

 

 

そのために普及していくためにも、

肝心の事業者がキャッシュレス決済を導入しないと

消費者はクレジットカード等で決済ができません

 

 

先日、

スマホ決済サービスを提供する

PAYPAY株式会社の営業担当の方と

情報交換をさせていただきました

 

 

PAYPAY株式会社とは、

ソフトバンクとyahooが共同出資をして

設立したスマホ決済を提供するサービス会社です

 

 

簡単にいえば、

ソフトバンク系列の会社だと

イメージしていただけばと思います

 

 

スマホ決済とは、

消費者がスマホからQRコードを

読み取って決済をする手法です

 

 

話を聞いて際立ったのが、

手数料です

 

 

会社側がクレジットカード決済を導入すると、

クレジットカード会社への手数料が発生しますよね

 

 

これはクレジットカード会社の収益になります

 

 

率の目安は3%前後

 

 

これは事業者からすると、

決して低くはない利率です

 

 

売上100円であれば、

手数料3円が天引されて

97円が通帳に入金されます

 

 

常に売上が3%値引されている状態と考えれば、

事業者もクレジットカード決済に積極的にはなりません

 

 

ところが、

このPAYPAYはソフトバンク系列なので

決済口座としてジャパンネット銀行

利用すれば決済手数料が無料になります

 

 

文字が小さいですが、

オレンジの枠線の部分です↓

 

 

 

 

コンビニでも導入が決まっているようなので、

今後どんどん伸びていきそうな決済手法です

 

 

顧問先の方に案内を流したら

飲食業の方でさっそく1社導入を決定し、

美容業で2社検討中です

 

 

こういった手数料の見直しだけでも

自社の利益率の改善につながりますね

 

 

また個人的には、

キャッシュレス決済が普及すれば帳簿関係も

クラウド会計系と相性が良くなるし

良い点もあると思っています

 

 

国が検討しているポイント還元や

税制面等での事業主側のメリットは

今後はより明確になってくると思います

 

 

また動きがあればお伝えしますね

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

 

3つの処方箋で

自転車操業の会社を安定操業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄

 

戻る