2018年5月20日

カテゴリー:

気づき


ナメック語のように聞こえる・・・そのときどうするか?

”言葉の定義を整える”

 

365日ブログ

 

293日目 

 

 

おはようございます!

 

 

畑中です

 

 

================================

 

【残席 4名 5/23 ワークショップ】

お金の悩みを1枚の図で一気に解決する!

経営数字のワークショップを開催します

================================

 

 

最近特に、

 

 

言葉が与える影響力

 

 

について深く考えさせれることが続いています

 

 

 

先日、

お客様のプロジェクトミーティングに

参加させていただきました

 

 

お客様のその道のプロの方々です

 

 

最前線でやっている方々なので、

業界の細部に渡るまで知識は精通しています

 

 

 

こういう場面はよく問題が生じます

 

 

専門用語がわからない・・・

 

 

こんな状況です

 

 

特に、

カタカナの横文字がわかりません😅

 

 

僕の中では、

日本語ではなく

別の言語のように聞こえます

 

 

ドラゴンボールでいえば、

ナメック語くらいのインパクトがあります

 

ナメック語というのは

ナメック星人の言語です

 

 

 

ということで思い切って聞いちゃいました^^

 

社長、ごめんなさい

今の○○ってどういう意味ですか?

 

 

と聞くと、

丁寧に教えていただけました

 

 

当たり前のように

会話が進んでいく中で・・・

 

 

 

 

話の腰を折ってまで質問をする

 

 

人によっては抵抗感があるかもしれませんね

 

 

 

そんなことも知らんのか

 

 

たまには、

こういうときもあるかもしれません(笑)

 

 

 

ですが、

 

 

調べても調べてもわからない・・・

 

 

調べ方すらわからない・・・

 

 

言葉すら聞き取れない・・・

 

 

こんなときもあると思います

 

 

 

 

それよりも怖いのは

情報量の不一致が拡大していくことです

 

 

無知は価値

 

 

です

 

 

 

 

無知は、

恥ではありません

 

 

知らないまま

ミーティングが進んでいっても、

時間が無駄に終わってしまいます

 

 

もしナメック後に遭遇したときは

早い段階で解消したいなと思います

 

 

もちろん、

大前提で自分で調べるというのは大切ですね^^

 

 

あとは自分がナメック語になっていないか

気をつけないといけないですね^^;

 

 

本日もお読みいただき、

ありがとうございました

【ワークショップ&セミナー情報】

週に1~2回、ワークショップとセミナーを開催しています。

詳細については下記をご参照ください

 

【6月ワークショップ&セミナー情報】

 

戻る