2019年1月18日

カテゴリー:

気づき


良い○○に耳を傾ける

365日ブログ

536日目 

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

先日、知人が興味深いことを言っていました

 

 

『おれにとって良い税理士とは、

とりあえず何でも経費に

突っ込んでくれるのを許してくれる人だ』

 

 

経費だけでなくプライベートの支出も

とりあえず突っ込んでおいて

支払う税金をとにかく安く計算する、

税務調査があった場合に対応する

 

 

なるほど、

こういう考え方もあるんだなと思いました

 

 

この考え方が良い悪いという話ではありません

 

 

逆に引っかえり返せば、

経費処理についてあーだこーだ

何かにつけ細かく言われるのは

この方にとって良くない税理士になります

 

 

この方が良い税理士を探しているときに、

僕が良くない税理士のタイプだった場合、

強引に契約しても当然上手くいきません

 

 

であれば最初から契約をせず見送ったほうが

時間と労力を使わないほうがお互いのためです

 

 

また良い会社というのも人によってバラバラです

 

 

働きたい人によっては、

何でもチャレンジしてくれる会社を

良い会社と考える方もいます

 

 

そのため、

残業や休日出勤等、

多少の負荷がかかっても

自分の成長できる環境を

提供してくれる会社は良い会社です

 

 

逆に、

年中通して必ずカレンダー通りの出勤、

定時キッチリに帰ることができて

福利厚生完備の会社を良い会社と考える方もいます

 

 

前者の会社を探している方が

後者の会社に入った場合

 

後者の会社を探している方が

前者の会社に入った場合

 

 

ミスギャップが起こるため、

お互いにとってよくありません

 

 

良い○○のすり合わせを

行う必要性を感じた日でした

 

 

価値観が多様化している現代だからこそ、

お互いのことを良く話して理解する必要がありますね

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄

戻る