2018年2月8日

カテゴリー:

成果を出す考え方


立場や世代の違いから生まれるギャップに耳を傾ける

365日ブログ

192日目 

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄です

 

皆さんは、

世代間のギャップを感じるときは

どういう時に感じますか?

 

 

会社の上司や

付き合っている彼氏や彼女と

年が離れている場合がありますよね

 

 

自分が当たり前だと

思っていたことが

通じなかったとき

 

 

ふとした瞬間できっとあると思います

 

 

例えば、

カラオケで歌う好きな曲

 

 

 

 

昔のテレビ番組

 

 

 

 

↑わかる人はきっと同年代でしょう🙂

 

 

あとは時事問題とか

いろいろあると思います

 

 

先日のことです

 

 

お客様の事務所の

アルバイトの子

少し話をしていました

 

 

今は大学4年生

 

 

ちょうど今年の4月から

新社会人になるフレッシュマンです

 

 

 

畑中
僕が就職したのはちょうど10年前の2008年だったけど、かの有名なリーマンショックが起こった年で不況が始まって大変だったよ

 

 

男1
すいません、リーマンショックって何ですか?

 

 

 

なんと・・・

 

 

 

リーマンショックが・・・

 

 

 

通じない世代になりつつあるんですね😱😱

 

 

 

 

 

 

 

対米ドルの為替相場は

70円台後半まで円高が進み・・・

 

 

製造業など輸出で稼ぐ日本は

収益が悪化し日経平均も大暴落

 

 

世界的な大不況ど真ん中でした

 

 

当時僕が勤めていた会社も

賞与カットやみなし残業制度の導入など、

固定費の削減で必死でした

 

 

たしかに10年前といえば、

この大学生は当時11歳~12歳

 

 

小学校高学年だとすれば、

たしかに通じない可能性があります💦

 

 

自分の当たり前は、

他の人から見れば当たり前ではない

 

 

 

話をすることで

ようやく実感できますね

 

 

これって日常でもよくあると思います

 

 

例えば専門用語や業界用語

 

 

専門家同士や

同じ業界の方であれば

通じる言葉ってありますよね

 

 

でも畑違いの人からすれば

さっぱりわからないときってあります

 

 

ギャップがあるんですよね

 

 

僕たちの話なんて

特にそうだと思うんです

 

 

サービスは、ほぼ無形

 

 

専門用語もあるわ・・・

 

 

数字の話税金の話もあるわ・・・

 

 

しかも口頭でやりとりをすると、

僕たちもよくわからなくなるときがあります😅

 

 

話をしている中で

お客様の反応があまり良くない場合・・・

 

 

十中八九伝わっていないと思います

 

 

だから、

相手方の目線で

図で書いたりノートで整理しながら

まとめていくのが大切になってきますね

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄

 

戻る