2018年1月18日

カテゴリー:

成果を出す考え方


目線を揃えて伝える~相手には100点満点中何点届いているか?~

365日ブログ

171日目 

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄です

 

 

最近、

伝えたいことが

全て伝わっているとは限らないと、

お客様の会話の中で

気づくことがありました

 

 

自分の能力不足ですね

 

 

お客様のデータチェックを

している中で違和感を感じました

 

 

普通ではやらなくていい処理をされていました

 

 

直接問い合わせをしてみると、

 

 

畑中
これってどういうことですか?

 

お客様
先生のご指導です

 

 

との回答が返ってきました

 

 

実は過去に、

取引の中で税務的に問題を感じた取引がありました

 

 

その問題があった取引について、

 

 

畑中
これは少し問題があるので、保守的に今後は○○しましょう

 

 

お客様
わかりました

 

 

 

というやりとりを

したことがありました

 

 

このやりとりで

僕は完全に伝わったと思っていたんですが、

現実には伝わってはいませんでした💦💦

 

 

完全に説明能力の不足です😱

 

 

ちなみに上のやりとりは

口頭でのやりとりだけでした

 

 

原因はここにあったなと思います

 

 

僕も他の専門家の方と

口頭でやりとりをしているときに、

 

 

難しいな💦

 

 

と感じるときもあります

 

 

自分の専門外のことは誰だって

難しく感じますよね

 

 

僕たちは普段から説明していることでも、

先方からすると日常の延長ではありません

 

 

お金の流れを正しく説明するために

何が原因でどこを直せば正しくなるのか

 

 

僕たちの仕事の話は

やはり難しく感じられるんだろうなと思います

 

 

だからこそ、

を書きながら書いて説明したり、

何度も確認するべきだったなと思いました

 

 

改めて図などを書いて説明をし、

ご理解をしていただけたと思います

(きっと・・・)

 

 

目線を揃えて説明をする

先方の理解を確認する

 

 

そんなことを感じました

 

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄

戻る