2019年1月8日

カテゴリー:

成果を出す考え方


忙しい時ほど心を大切に

365日ブログ

526日目 

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

昨日から仕事始めの人も

多かったかもしれませんね

 

 

昨日は来週に向けて準備を進めようと

業務のリストを作っていたのですが・・・

 

 

気づいたらあっという間に

一日が終わっていました

 

 

年始年始の間の質問等の電話が多かったのですが、

数えてみたら19人の方と電話をしていました

 

 

計算すると業務時間の間に平均でおおよそ

20分から30分に1人と電話で話し、

質問などに答えたりチャットやメールで資料を

送ったりしていました

 

 

もともとマルチタスクの能力はないため、

とにかくため込まないように

 

 

質問を受ける→回答する

 

 

 

 

 

質問を受ける→回答する

 

 

 

繰り返していたら1日が終わってしまい、

事前に今日やる予定だった仕事が

未了で終わってしまいました

 

 

修正して今日と明日で取り返します

 

 

帰り道ウォーキングを兼ねて2kmくらい

歩いて帰っていたのですが、

 

 

『今日は忙しかったな~』

 

 

と考えているときほど

視線は下にむきがちです

 

 

こんなときは歩いている信号も

目の前にきてようやく飛び込んできます

 

 

という感じは

くすと書きます

 

 

目の前の忙しかったという事実だけに

焦点を定めると心を亡くしてしまいますね

 

 

忙しいという事実のまわりには

必ず人が関わっています

 

 

締め切りが無い仕事はありませんが、

締め切りがあるということは、

それだけに人に必要とされていることです

 

 

忙しいときほど心を亡くさず、

心を活かしていきたいですね

 

 

目の前の信号ではなく、

2つ前3つ前の信号も意識しましょう

(自戒を込めて)

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄

戻る