2019年1月2日

カテゴリー:

成果を出す考え方


レスポンスの速さはお互いにとって○

365日ブログ

520日目 

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

事務所の営業は7日からですが、

土曜日には個人の相続税や

確定申告のご相談が入っているため、

事前準備で明日は一度会社に行きます

 

 

お客様にとってご都合の良い日は

平日の夜であったり休日であったり

バラバラなので臨機応変に対応していきます

 

 

お客様やビジネスパートナーから僕を見た場合、

少なくともレスポンスが悪い人とは

思われていないのではと思います

(思われていたらすいません・・・)

 

 

日常生活でも休暇でも意識していますし、

年末年始に来たチャットや電話相談も

返信は必ずその日中にしています

 

 

ただ実際は返信はできても

対応まではできないケースがあります

 

 

『○○の資料を送ってください』

 

 

事務所に行かないと物理的に無理な場合は

○○日までに対応しますとの返信だけになりますが、

その返信だけでもお客様にとって段取りがつきます

 

 

逆にレスポンスが悪ければ、

こういったやりとりを何度もすることになります

 

 

『あれってどうなってますか?』

『あれってまだですか?』

 

 

最悪忘れてしまって場合には、

話の内容から説明して思い出すことにもなりますよね

 

 

こうなってくると自分の時間だけでなく

相手の時間もがどんどん消費していくことになります

 

 

そして回りにいる忙しい方ほど、

レスポンスが異常に速いなと思います

 

 

忙しいからどんどん仕事がたまっていく

仕事をためたくないから来た球はすぐ打ち返す

 

 

レスポンスの速さは

お互いの時間単価向上につながります

 

 

レスポンスなんて速くて当然だ!

なんて意識レベルが高い方は思っているかもしれません

 

 

365日レスポンスが速い人でいつづけることができれば、

それは立派なプラスアルファの価値になり得ると思うんですよね

 

 

2019年の新たな目標というわけではありませんが、

引き続き意識していきます

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄

  • 【無料診断】ドンブリ経営レベル5段階
  • 【無料メール講座】7日で学ぶ!ドンブリ経営から脱却するための最初の一手
  • 【1on1個別セッション】会社の経営数字について学ぶ!

月別記事

MONTH