2018年12月17日

カテゴリー:

成果を出す考え方


15ヵ国語を操る少年が実践しているアウトプット方法

365日ブログ

504日目 

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

先日、

強引な営業にあったという記事を書きました

 

営業の定義を揃える

 

スークの雰囲気が東南アジアの

カンボジアのような雰囲気に似ていると書いたんですが、

昨日そのカンボジアのアンコールワットで

お土産を売っている少年がテレビで特集されていました

 

 

その少年は14歳の少年で、

なんと15ヵ国語を操っているそうです

 

 

テレビだけでも、

日本語、英語、スペイン語、中国語、

タガログ語(フィリピン)などの

声をかけるときのトークを披露していました

 

 

どうやって覚えたかというと、

観光に来ている外国人から教わったとのこと

 

 

まさに実践の場、

アウトプットの例です

 

 

自分はカタコトの英語だけで精一杯、

言い訳ばかりでちっとも上達したいので

恥ずかしくなりますね(*_*)

 

 

今から10年くらい前にカンボジアに行ったときには、

観光地のまわりのモノ売りの子供からモノを売られました

 

 

『1ダラー(ドル)!1ダラー(ドル)!!』

 

 

と言ってモノを持ちながら正面から

走ってきてました

 

 

家計を助けるためであり、

自分自身が生きていくための手段でもあります

 

 

モノが売れなければ

食事も食べられない可能性があります

 

 

必死さの度合いのちがいます

 

 

ちなみにこの少年は今は

インターナショナルスクールに通っていて

将来はツアーガイドになるのが夢だそうです

 

 

アウトプットが先、

アウトプットが大切とはよく言われますが、

究極のアウトプットは教わって即実践、

感情を伴ったアウトプットなのかもしれません

 

 

改めてアウトプットの質を

再考する機会になりました

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄

  • 【無料診断】ドンブリ経営レベル5段階
  • 【無料メール講座】7日で学ぶ!ドンブリ経営から脱却するための最初の一手
  • 【1on1個別セッション】会社の経営数字について学ぶ!

月別記事

MONTH