2018年12月14日

カテゴリー:

成果を出す考え方


営業の定義を揃える

365日ブログ

501日目 

 

3つの処方箋で

自転車操業の会社を安定操業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

先日、ドバイの中心部からやや離れて

スークに行ってきました

 

 

スークというのは市場という意味です

 

 

派手なビルばかりではなく、

昔ながらの雰囲気が感じられます

 

 

金ばっかり売っているゴールド・スーク

 

 

女性用のストールや小物を売っている

オールド・スークに行ってきました

 

 

このあたりの街中の雰囲気は

東南アジアのベトナム、タイ、

カンボジアのような雰囲気に似ていました

 

 

ただ、

圧倒的に違って1つ驚いたことがありました

 

 

それは営業です

 

 

本当にびっくりするくらいしつこく

売り込みをされました^^;

 

 

掛け声は、

 

 

『チョトマテチョトマテオニイサン!』

『ガリガリクン!』

『オカチマチ(御徒町)!』

 

 

意味がわかりませんが、

日本語を覚えて声かけをしようとするのは

立派なことです

 

 

歩いていると正面からやってきて

ガッと腕を掴まれる

 

 

ハイタッチを要求してきて、

ハイタッチすると見せかけて

腕を掴まれお店に連れていかれる

 

 

東南アジアでは子供たちに囲まれて

売り込みをかけられたことは多々ありますが、

このような大人たちからの強烈な売り込みは

初めての経験でした

 

 

日本でやるといろいろと問題は起こりそうですね^^;

 

 

アラブの商人と呼ばれるくらいですから、

これが商人魂なのでしょうか

 

 

売っている物の質の良し悪しはわかりませんが、

このマインドは見習う点はあるかもしれません

 

 

商売をやっている以上は営業は必要であり、

クロージングも必ず必要になってきます

 

 

僕も営業については

かなり苦手意識がありました

 

 

まずはこの営業の定義について

揃えておく必要があります

 

 

営業の定義は人によって違うと思いますが、

和仁 達也先生の著書、

コンサルタントの対話術では

営業について下記のように定義されています

 

 

営業とは、こちらの商品・サービスを売り込む行為ではなく、

相手の困りごとこちらの商品・サービス

マッチングするお見合いである

 

引用:コンサルタントの対話術(P101

 

 

不要なものを無理矢理セールスすれば

それは売り込みになります

 

 

一方で、

営業は常に相手のお困りごと起点で考える

 

 

著者の和仁先生は

相手の頭の中のお困りごとトップ3

起点に話しましょうと常々言っております

 

 

 

逆にお困りごとが無ければ、

セールスはしてはいけません

 

 

営業トレーナーの

ブライアン・トレーシーは

No,Needs.No,Sales

(ノーニーズ、ノーセールス)と言っています

 

 

ニーズが無ければ、

セールスをやっていはいけないのです

 

 

今回の件で違和感があったのは

彼らのやっていることはニーズを探そうともしないのに

いきなりセールスをやっているからです

 

 

一方通行のセールスは売り込みです

 

 

必死さは見習う必要があるかもしれませんが^^;

 

 

逆に本当に相手のお困りごとを

明確に解決できるのであれば、

ここぞという時は伝えていかなければいけません

 

 

定義次第で営業は良いイメージにも

悪いイメージにもなります

 

 

営業をどう定義しますか?

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

3つの処方箋で

自転車操業の会社を安定操業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄

  • 【無料診断】ドンブリ経営レベル5段階
  • 【無料メール講座】7日で学ぶ!ドンブリ経営から脱却するための最初の一手
  • 【1on1個別セッション】会社の経営数字について学ぶ!

月別記事

MONTH