2017年8月18日

カテゴリー:

事業計画作成&運用


予算で0.1%の戦略的経費を計上していますか?

365日ブログ

18日目

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄です

 

先日、

公認会計士税理士の違いについて尋ねられました

 

 

代表的な仕事は、

 

 

税理士の仕事は税務業務

会計士の仕事は監査業務

 

 

です

 

 

 

 

経営数字や決算書を扱うという点は共通していますが、

目的・役割・業務は大きく違います

 

 

 

今日は公認会計士として関わった会社の中の話です

 

 

売上の1%を戦略的経費として

予算計上している会社がありました

 

 

具体的に言うと研究開発費です

 

 

イメージとしては新製品の開発や

5年10年単位の将来への投資活動です

 

 

売上が100億円くらいだったので

毎年1億円をこういった

将来への投資に使っていました。

 

 

割合としては1%

 

 

中小企業の方で毎年事業計画を作り、

Plan Do Seeを回し、

予算に戦略的経費を

意識的に盛り込んでいる会社は

まだまだ少ないと思います

 

 

売上が1億円だったら100万円を戦略的経費に回す

 

 

決してできない金額では無いですけど、

まだハードルは高いでしょうか?

 

 

では0.1%だったらどうでしょうか?

 

 

売上が1億円だったら10万円です

 

 

10万円だったら今払っている固定費や

経費の無駄を見直すだけでも捻出できそうですよね

 

 

この0.1%もなかなか素晴らしいですよ

 

 

社外参謀/経営コンサルタント

石原 尚幸先生の著書

 

 

%e7%9f%b3%e5%8e%9f%e5%85%88%e7%94%9f

 

 

『日々0.1%を積み上げれば、1年後には○○倍になる』

 

 

という記載があります

 

 

正解は、

 

 

日々0.1%を積み重ねれば、1年後には1.5倍

 

 

になります

 

 

3年後、5年後にはものすごい差がつきますね

 

 

また、石原先生からは

 

 

 

『毎日、昨日の自分よりほんの少しだけ成長できればいいんですよね。

言うは易く行うは難し

誰でもできることを誰もができないレベルまでやる”

これが成功の秘訣だと私は信じています^^』

 

 

と教わりました

 

 

まずは1%ではなく0.1%から始めてみる

 

 

また、いずれせよやるなら

1.5倍成長している1.5倍成長するためにやっている

と目的を持つのも大切ですね

 

 

受け取る効果を最大に高めましょう

 

 

話を戻すと、

まずは予算を作る仕組みがあるかどうかです

 

 

仕組みが無い方は、

1年先の計画を作るところから始める

 

 

仕組みがある方は予算の考え方に

戦略的経費を折り込んで

意味を明確にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

本日もお読みいただき、

ありがとうございました

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄です

 

戻る