2017年12月12日

カテゴリー:

事業承継

キャッシュフロー経営


陸王8回目~事業承継3パターン~

”タスキをスムーズに渡す”

 

365日ブログ

 

134日目

 

おはようございます!

畑中です!

 

日曜は

陸王の8回目でした

 

 

最終回に向けて

展開がおもしろくなってきました

 

今回の視聴率は

17.5%で始まって以来の

最高視聴率だったようです

 

経営危機の老舗足袋業者

こはぜ屋が

ランニングシューズ

陸王を開発しています

 

ですが、

シューズ素材の製造機が

炎上してしまいました

 

 

設備投資にかかる資金は

 

1億円

 

宮沢社長は引き続き

資金を手当するために

あらゆる手段を模索していきます

 

 

今回は

以前の融資担当者で

元銀行員、

ベンチャーキャピタルに転職した

坂本さんから買収案を提案されます

 

 

 

買手は

大手アパレルメーカーフェリックス

社長は松岡修造さん演じる

御園社長でした

 

 

宮沢社長は

元銀行員・ベンチャーキャピタルの

坂本さんからの

提案を激怒して

断ります

 

ですが、

番組の終盤では

御園社長の対談を進めます

 

御園社長から

こはぜ屋の技術を高く評価され、

 

 

『あなたとなら世界に通用する

ビジネスが出来ると信じている』

 

 

と熱く語りかけられます

 

その後、

宮沢社長が

 

『前向きに検討したい』

 

と言って握手を交わします

 

 

ただ、

御園社長が

 

 

『あと一押しだな』

 

 

含みを

もたせた笑みで番組が終了します

 

松岡さん、

いい演技しますね~👏🏻

 

普段とはちがった

良いギャップを出しています

 

 

最後の含みを持たせた部分が、

こはぜ屋の敵に転びそうな気もします

 

次回の展開が気にりますね^^;

 

ところで、

今回の回で

個人的に一番いいなぁと

思ったシーンは中盤でした

 

こはぜ屋の社長を含め社員数人で

駅伝に参加します

 

 

陸王を履いて、

駅伝に参加することで

出資してくれる

スポンサーが見つかるかもしれない

ということで参加します

 

タスキは宮沢社長から

息子の大地へ渡されます

 

 

イケメンですね、

山崎くん

 

このタスキを渡す場面が、

社長から息子への

事業承継の場面に映ったんですよね

 

 

事業承継は、

 

 

事業を受け継いで続けていくこと

 

 

大きくわけると

3つしかありません

 

①親族内の承継(息子、娘、親戚など)

②親族外の承継(幹部社員など)

③M&A(外部への売却、合併)

 

 

今回も事業を続けていくために

買収案を模索しているので、

③に該当しますね

 

 

 

今日本の企業は

後継者不在

深刻な問題になっているのをご存知でしょうか?

 

日本のほとんどの地域で

7割弱の会社

後継者不足になっています

 

 

(引用:帝国データバンク様 レポート)

 

大きく問題になっているから、

今真っただ中で議論が行われている

税制改正

 

事業承継に関する

税制面の手当が拡充される方向です

 

 

日経の記事はコチラ

 

 

 

 

先日も

事業承継のプランニングで

会長から社長への株の移転

打ち合わせをさせていただきました

 

10年スパンのプランニングです

 

僕は、

この場合では

 

 

会長と社長の想いの橋渡し役

 

 

です

事業計画も、

場面や目的によっては

形を変えます

 

 

融資獲得のための事業計画もあれば、

予算と実績管理の事業計画もありますし、

事業承継の事業計画もあります

 

 

 

タスキを円滑に渡すために、

サポートしていく

 

そんなイメージでいます

 

大切なのでもう一度言います

 

①親族内の承継(息子、娘、親戚など)

②親族外の承継(幹部社員など)

③M&A(外部への売却、合併)

 

どこでタスキを渡しますか?

 

タスキを渡す場所で戦略は

大きく変わります

 

本日もお読みいただき、

ありがとうございました

【ワークショップ&セミナー情報】

週に1~2回、ワークショップとセミナーを開催しています

詳細については下記をご参照ください

 

【ワークショップ&セミナー情報】

 

戻る