2019年4月6日

カテゴリー:

融資&創業融資


実質無借金の状態とは?

365日ブログ

615日目

 

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務戦略の専門家

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

先日クライアントの方から

こんなご相談を受けました

 

 

『今期の業績が好調だから、

銀行への返済を繰り上げ返済したほうが良いのか?』

 

 

業績が好調で手元資金も多く残ってきています

 

 

このような状態でも、

繰り上げ返済はする必要はないと考えています

 

 

なぜかというと、

繰越返済をすると

手元現金が減るからです

 

 

手元現金の減少は資金ショートに

つながる可能性があります

 

会社を潰させないためには売上より利益、利益より手元現金

 

ただし繰上返済を検討しても良い場合は、

金利を考えた上で行うのは1つの手です

 

 

今の調達金利は1%前後で借りることもできるため、

2%以上の金利を払っている場合などには

金利を考えて繰り上げ返済や借換で

金利を下げることを模索するのは良いと思います

 

 

目指すべきは実質無借金の状態で金利が低い形です

 

 

 

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務戦略の専門家

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄

  • 【無料診断】ドンブリ経営レベル5段階
  • 【無料メール講座】7日で学ぶ!ドンブリ経営から脱却するための最初の一手
  • 【1on1個別セッション】会社の経営数字について学ぶ!

月別記事

MONTH