2016年10月24日

カテゴリー:

経営判断の基準を作る考え方


材料は細かく切って考える

税理士法人SUN

公認会計士・税理士の畑中です

 

月末に近づいてきたので、

少し慌ただしくなってきましたね

 

土日に、研修仲間の井上 保さんが出版した、

『99%の人に断られた商品を7年間で

14億円売った逆転の営業術』を読みました

 

 

井上さんは非常に気さくな方で、

考え方がともてロジカルな方なんです。

会社名が日本営業科学㈱という名前の通り、

営業面や売上アップのコンサルティングをしている方です

 

そしてこの本は、

 

営業=科学

 

と捉え、その本質は

 

再現性

 

と本に記載されていました

 

つまり、スポーツにもフォームの型があるように、

営業にも型があるということです。

 

その型を習得するための具体的なメソッドや

体験は非常に参考になりました

 

漠然と売上を上げようと思っても、

漠然としすぎてて何から行動を

していいのかわからないときってありますよね

 

そんなときは、

売上を各要素に分解することで検討することができます

 

例えば、

 

売上=単価×数量×リピート率

 

に分解してそれぞれのファクターを少しずつ改善をしていく

 

売上110%アップを達成したいのであれば、

 

売上110%↗=単価103%↗×数量103%↗×リピート104%↗

 

とそれぞれに分解をして考える

 

※前提として、

データを記録・蓄積・分析する習慣が大切ですね

 

私もよく、タスク管理として

To doリスト(やるべきこと)を作ります

 

その際に、

 

To do =  重要性×緊急性

 

の2×2のマトリックスで考えます

 

%e9%87%8d%e8%a6%81%e6%80%a7%e3%81%a8%e7%b7%8a%e6%80%a5%e6%80%a7

 

 

何かのフレームワークに当てはめると、

取るべき行動、取らないべき行動が明確になってきますね

 

それではもうひと仕事、がんばりましょう(^^)/

戻る