2018年10月18日

カテゴリー:

消費税


誰のために何をやるか明確ですか?

365日ブログ

444日目 

 

3つの処方箋で

自転車操業の会社を安定操業へ導く!

 

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

先日から消費税増税が話題になっています

 

 

平成31年10月1日に予定通り消費税が

増税されることが表明されました

 

 

過去3回、消費税の増税に関する

基本的な部分は書きましたのでよかったら御覧下さい

 

全業種に関係ある消費税の増税と軽減税率の話➂~現行制度と区分記載請求書~

 

先日、経営者の方とお話していたのですが

今回の消費税増税の趣旨はさっぱりわからないよね、

という話をしていました

 

 

消費税は他の税目(法人税や所得税)と比べて

理屈じゃない部分が目立ちましたが

より一層疑問な部分が出てきました

 

 

同じ飲食店でもテイクアウトは8%、

店内で飲食する場合は10%

 

 

屋台でも座って食べるラーメン屋は10%

たこ焼きやお好み焼きを持ち帰りは8%

 

 

コンビニのイートインは10%

持ち帰りは8%

 

 

水道水は10%

ミネラルウオーターは8%

 

 

実際運用が始まれば、

慣れるまで混乱しそうですね

 

 

あとはクレジットカード決済で

ポイント還元も謎ですね・・・^^;

 

 

だったらもういっそのこと

一律10%でいいのでは?

思ってしまいますね

 

 

そもそもクレジットカードを

作れない、使えない高齢者の方なども

いらっしゃると思うし、

クレジットカードに対応していない

中小企業もたくさんありますよね

 

 

カードを使えば得

カードを使わなければ損

 

 

クレジットカードの利用有無で

補填しようとすると、

格差はますます拡大していく気がします

 

 

結局のところ、

誰のためにやるか

明確でないように見受けられます

 

 

制度や仕組みを誰のために運用をしていくのか?

 

 

ビジネスのサービスであれば、

名古屋市に住んでいるスポーツ好きな30代男性など、

メッセージも明確にすれば求心力も増します

 

 

今回の件でも万人受けの制度にしたいのであれば、

簡素化で消費を刺激したほうが個人的には良いと感じます

 

 

ポイント還元とかではなく、

一律10%にして所得税住民税で調整するほうが

よっぽど簡単で明確な気がします

 

 

例えば、確定申告

 

 

確定申告することで消費税の負担を軽減できれば、

今まで無申告だった人の深刻も促すことができるし

そちらのほうが都合が良いような気がします

 

 

今年の税制改正でおおよそ方向性が見えると思いますが、

誰のために何をやるのか、

はっきり伝わるような改正をしてほしいですね

 

 

あとは決まってしまえば

粛々と準備していくのみですね^^;

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

 

3つの処方箋で

自転車操業の会社を安定操業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄

 

戻る