2017年11月24日

カテゴリー:

所得税


副業で収入がある人の確定申告~誰でも副業で収入を得る時代~

365日ブログ

116日目

 

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄です

 

 

最近、

本業のほかに

副業オッケーという

会社も増えてきていますね

 

 

働き方の多様性もありますし、

会社の業務以外のからの

ノウハウを吸収をして本業に還元するなど、

会社側もメリットが期待されています

 

 

社員側も

副業で収入が得られるなど、

メリットもあります

 

 

先日の日経でも、

厚労省が副業をおりこんだ就業規則のモデルを

作っているとの記事が出ていました

 

↓日経新聞より引用

 

国も副業を認める時代ですね

 

 

最近は自分のメディアを

簡単に持てるようになりました

 

 

具体的にはブログYou Tubeなどです

 

 

ユーチューバ―は

最近の子供がなりたい職業で

人気らしいですね

 

 

あとはフリマアプリオークションなどでモノを売る

 

ちょっとしたお小遣いは以前より

確実に増えていると思います

 

 

ちょうど来月は年末調整の時期ですが、

会社員の方は12月のお給料で

年間の税金が精算されます

 

 

基本的は確定申告を

する必要がありません

 

 

一方で

確定申告をしなければいけない会社員の方もいます

 

 

 

国税庁ホームページはこちら

 

 

このうち、

重要なのは1番から3番です

 

 

%e7%a2%ba%e5%ae%9a%e7%94%b3%e5%91%8a

給料の額面で

2000万を超えると

確定申告が必要になってきます

 

会社の給料以外に、

副業や不動産の所得が

20万を超えると確定申告が必要になってきます

 

 

いくつかの会社から給料をもらっている場合、

メイン以外の会社からの給料が20万

超えると確定申告が必要になります

 

 

副業は②の場合ですね

 

 

ビットコイン等の仮想通貨の売却益

申告が必要な方も出てくると思います

 

 

申告をしないと

追徴で税負担が重くなる可能性もあります

 

 

普段とはちがうお金の出入りがあったとき、

いつもより慎重になって

ご注意していただければと思います

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

ありがとうございました

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄

戻る