2019年3月11日

カテゴリー:

所得税


3月15日は確定申告の期限でもあり、次の一手を考える期間です

365日ブログ

588日目 

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

今年の確定申告も終わりが見えてきました

 

 

あとは3件資料待ちの方がいますが、

最後まで気を抜かず進めたいと思います

 

 

ところで改めてになりますが、

確定申告の期限はいつかご存知ですか?

 

 

3月15日ですね

 

 

この日めがけて確定申告を

一生懸命進めていきます

 

 

この期間というのは確定申告の期限でもあり、

次の一手を考える期間でもあります

 

 

 

例えば、

去年まで白色申告だった事業者が

青色申告に切り変える場合、

3月15日までに届出を提出する必要があります

 

参考:国税庁URL

 

 

青色申告には帳簿関係を整えるかわりに

65万円の控除などの特典があるため、

白色申告より断然価値があります

 

独立・開業の際の青色申告の承認申請手続のよくある誤解

 

白色申告だと税務調査が入らない、

といった都市伝説が流れたりしますが

これはまったく関係ありません!

 

 

白色の方は必ず3月15日までに届け出を出しましょう

 

 

次に青色事業専従者給与です

 

 

簡単にいうと配偶者や親族の方など、

身内の人に対する給料の支払いです

 

 

こういった方の給料は利益を操作しやすいため

通常は経費にすることはできませんが、

届出を提出することで経費として

処理することができます

 

 

この届出の提出期限も

3月15日なんですね

 

参考:国税庁URL

 

今って日本の税制の構造上、

法人に対する税金をどんどん低くして

個人に対する税金をどんどん高くしています

 

 

だから新聞やニュースでも、

個人に対する税金が高い!

なんて言ってますよね

 

 

日本の所得税税率は階段になっているため、

所得が高ければ高いほど税金が高くなっていきます

 

参考:国税庁URL

 

 

だから一人に所得を集中させるよりも、

親族の方などに分散させていったほうが

トータルでの税額が下がります

 

 

次に納税の予定です

 

 

3月15日に確定申告を済ませ、

税金の納付を済ませたと思ったら

今度は6月から住民税の支払いが始まります

 

 

そのほかにも所得税や消費税の予定納税など、

忘れたころにどんどんやってくるんですね

 

 

だから確定申告が終わった後に

役に立つのが納税予定表です

 

 

1年間のうちに

何月にどの納税がやってくるか、

スケジュールを表した一覧表ですね

 

 

会計事務所に確定申告の作業を委託している場合だと、

こういった資料をけ取ることができます

 

 

今年資料を送付したお客様でも、

 

「パソコンの横に張っておきます!」

 

なんて言ってた方もいらっしゃいました

 

 

3月15日までに申告と納税を済ませて終了!

 

 

ではなく・・・

 

 

次の一手も含めて考えていく期間にしましょう

 

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄

 

戻る