2017年10月21日

カテゴリー:

決算・決算書・決算業務


信頼は継続した関係から生まれる

365日ブログ

82日目

 

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄です

 

 

某鉄鋼メーカーや某自動車メーカーの

不正関係のニュースが報道されていますね

 

 

前者はデータ改ざん

後者は無資格者による品質検査

 

 

自動車は品質が担保されないから

出荷停止になりまだまだ対応に

追われることが予測されます

 

 

時すでに遅し

 

 

何より長期のユーザーや

取引先の信頼を失ってしまいました

 

 

これって僕たちの世界だと、

粉飾決算や脱税があります

 

 

粉飾決算は実際よりも経営数字を良く見せること

 

脱税は納めなければいけない税金を意図的に下げること

 

 

どちらもダメです、絶対に

 

 

バレてからでは遅いんですね

 

 

短期的には上手く騙せると思いますよ

 

 

その帳簿を見ている相手も人間ですからね

 

 

ですが今回のように

どこかでが出てきます

 

 

ご自身だけじゃなく、

従業員、取引先やユーザーの方にも

ご迷惑がかかってしまいますよ

 

 

僕なりの答えですが、

信頼残高を貯める一つに継続があります

 

 

毎回会うたびに

コロコロ言うことが変わる人と

ブレない軸を持っている人

 

 

どちらが説得力があるかは明らかです

 

 

継続は力なりとは言いますが、

本当にそうだと思います

 

 

継続を止めると、

一瞬で信頼を失ってしまいます

 

 

実際以上に良く見せてもどこかで

しっぺ返しを食らいます

 

 

等身大のアウトプットと継続を続けていきましょう

(自戒を込めて)

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

ありがとうございました

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄

戻る