2018年4月12日

カテゴリー:

お金のブロックパズル


もう一歩踏み込んで経営数字を把握する~絶対に粗利の把握はしましょう~

365日ブログ

255日目 

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄です

 

 

先週から自計化の導入支援が2件ありました

 

 

弊社の自計化のイメージとしては

こんな感じです↓

 

 

自計化とアウトソーシングの間~50%程度の完成度を目指しましょう~

 

お客様の負担に

ならないレベルで目指しています

 

 

今日はもう一歩踏み込んだ話をしたいと思います💪

 

 

昨日支援させていただいた会社の方から

こんなご要望をいただきました

 

 

社長
部門別の損益をキチンと把握したいんです!

 

 

部門別の損益です

 

 

よりステップアップした方法です

 

 

 

 

どういうことかというと、

会社によってはいろんなビジネスを

1つの会社でやっている場合ってありますよね

 

 

例えば飲食業

 

 

 

美容業

 

 

 

不動産業

 

 

 

 

を営んでいる会社があるとします

 

 

それぞれの部門で

キャッシュを回していけば、

会社全体として

キャッシュが回ります

 

 

ここで役に立つのが、

部門別計算です

 

 

まずは部門別計算を

やっていない場合の試算表です↓

(数字はすごい簡単な例です)

 

 

 

会社全体として、

 

 

売上 1,200円

仕入200円

粗利1,000円

 

 

といった業績です

 

 

どうでしょうか?

 

 

これだと会社全体として

業績がわかりますが、

どの部門が儲かっているのか

損をしているのか

よくわからないですよね

 

 

これを部門別で計算をすると↓

 

 

 

 

飲食業・美容業・不動産業

それぞれの業績が把握できるようになりました

 

 

少し自計化の際に入力を工夫するだけで

部門別の損益ができるようになります

 

 

今回は事業別

部門別計算の例を

出しましたが、

 

 

拠点別にやるのも1つの方法です

 

 

例えば、

名古屋本社

 

 

 

 

金沢支店

 

 

こんな感じです

 

あとは商品別や部単位で

やる方法もありますね

 

 

こういった複数の事業をしている場合は、

それぞれの粗利は最低限把握しましょう

 

 

下のお金のブロックパズルを

見てもらえればわかりますが、

 

 

引用:超☆ドンブリ経営のすすめ

お金のブロックパズル

著者 和仁 達也先生

 

 

 

 

固定費も利益も

粗利から生み出されています

 

 

もちろん全ての部門が業績好調、

会社全体として増収増益であれば

お金の不安なんて無いかもしれません

 

 

ですが、

 

 

ちょっと業績が良くないな

 

何か手を打ちたいけど

どこから手を打とうかな

 

不採算部門を撤退しようかな

 

 

こういったときにはやはり

データを蓄積、収集しないと

誤った意思決定をしてしまうおそれがあります

 

 

社内でこういった体制を

整えることができるのが

自計化のメリットです

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄

 

戻る