2018年10月25日

カテゴリー:

お金のブロックパズル


おかわりの中止・・・マイナスを0にすることで生まれる経済効果

365日ブログ

451日目 

 

3つの処方箋で

自転車操業の会社を安定操業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

先日、

大須の商店街のお気に入りのお店へ

久しぶりにランチをしに行きました

 

 

2ヶ月ぶりくらいでしょうか

 

 

ボリュームのあるお肉

おかわり自由のごはんがお気に入りでした

 

 

おかわりはセルフサービスで、

自分で取りに行く形式です

 

 

漬物やお茶漬けでも食べれる形式でした

 

 

いつも通りごはんをおかわりをしようと立ち上がったら・・・

 

 

定員の方に止められ、

 

 

『おかわりは無くなりました!』

 

 

なんと・・・

 

 

この2ヶ月の間にサービスの

おかわり自由が無くなっていたのです^^;

 

 

もちろん漬物やお茶漬けとして食べられなくなりました

 

 

そして、

おかわりができるものだと思い込んでいたため、

完全にペース配分を間違えてしまい

お肉が半分残ったまま白ごはんを

フィニッシュしてしまいました^^;

 

 

残念ですが仕方ありません

 

 

消費者としては悲しい限りですが、

経営としては重要な決断だったと察します

 

 

むしろ今まで過剰サービスだったという可能性もあります

 

 

今回のようなごはんのおかわりは、

会社からすれば仕入です

 

 

コストを払って支払っているわけです

 

 

無料で提供し続ける限り

そこに売上は発生しません

 

 

仕入は変動費で

 

 

こういった変動費の削減をするだけで

粗利の改善につながり、

利益の改善につながります

 

 

変動費はオレンジの枠線の部分です

 

 

引用:超☆ドンブリ経営のすすめ

”お金のブロックパズル”

著者 和仁 達也先生

 

 

あとは地味に効いてくるのが

振込手数料など、

自社負担にしている場合です

 

 

今まで特にルールも決めていなかったけど

そういったものをちゃんと

相手負担にするように請求をする

 

 

売上を上げるだけが改善ではありません

 

 

こういったマイナスを0にするのも

大切な経営改善ですね

 

 

このお店の場合、

単価は据え置きだったので単純に考えれば

サービスだけ下がったように思われかねません

 

 

そのため帰り際に夜の時間帯の

サービス券を渡されました

 

 

売上は数量×単価×リピート率で構成されます

 

 

数量を上げる策なので、

こちらも経営改善の手法ですね^^

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

 

3つの処方箋で

自転車操業の会社を安定操業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄

 

戻る