2020年5月22日

カテゴリー:

ビジネスに効くツール


ウエブ会議ツールも複数の導線を持っておく

365日ブログ

1027日目 


短期でキャッシュフローを改善し、

経営者のビジョンと願望実現を支援


財務戦略の専門家

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です



今月からGoogleもウエブ会議ツールを

無料開放しましたね



Google Meet

Meetは去年から使うことがあり、

今日も打ち合わせで使いました



今ではすっかりZOOMも定着をしてきました

今はZOOMとMeetの割合は8:2くらいです



今後は Google Meetも利用者数を

伸ばしていきそうですね



というのも、

Google Meet はG-mailのアカウントを

持っていたら誰でも利用ができます



今G-mailを開くと左側に

Meetの入り口が表示されるようになりました


ZOOMは最初はプログラムの

インストールが必要ですが、

Meetはそれすらも不要です



あえていうなら、

G-mailを持っていない人には不向き

といったところでしょうか



でもこのようなウエブ会議ツールも

複数あると便利ですよね



例えば1つの会社がメンテナンス中や

トラブルで使えない場合には

別のツールを使うこともできます



あるいはお問い合わせが来た際にも

都合の良い方法を選択していただけるようにもなります



1つだけでなく、複数の導線を持っておきましょう



短期でキャッシュフローを改善し、

経営者のビジョンと願望実現を支援


財務戦略の専門家

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄



  • 【無料診断】ドンブリ経営レベル5段階
  • 【無料メール講座】7日で学ぶ!ドンブリ経営から脱却するための最初の一手
  • 【1on1個別セッション】会社の経営数字について学ぶ!

月別記事

MONTH