2017年10月29日

カテゴリー:

気づき


芦屋の砂像展から見たアイディアの工夫~発想の転換~

365日ブログ 

91日目

 

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄です

 

 

昨日、

芦屋の砂像展に行ってきました

 

 

芦屋は福岡のここにあります

 

 

砂像展とは・・・

 

砂で作った銅像ですね

 

 

使っているものは砂と水だけです

 

 

砂を水で固めて削り、

繰り返し作業をしてとてもすばらしく

表現してありました

 

 

風の谷のナウシカの↓

 

 

オウムもあったり↓

 

 

隣のトトロの↓

 

 

猫バス↓

 

 

など、

非常に細かいところまで

再現してあります

 

初めて知ったのですが

海外砂像彫刻家という、

砂像でビジネスをされている方たちも

いらっしゃるんです

 

 

めちゃめちゃニッチな

お仕事でおもしろいですよね

 

 

渾身の作品がこちらです↓

 

 

 

 

 

 

本当に非常に細かいところまで

再現してあって、

とても砂と水だけで作ったとは

思えない質感です

 

 

3~4人で

4日~5日程度かけて

仕上げていくそうです

 

 

それで、

この砂像展というのは

アクアシアンというプールの敷地でやっていたんです

 

 

夏はきっとこんな感じで

賑わっているんでしょうね

 

 

同時に、

ニジマス釣りの釣り体験もやっていました

 

 

 

 

これはすごいおもしろいアイディアだなと思いました

 

 

普通冬場になるとプールって閑散期になります

 

 

 

売上は0でも固定費は必ず発生します

 

 

だからこうやって

釣りや砂像展のイベントをやって

閑散期のプールでも足を運んでいただく

アイディアってすごく良いと思いました

 

 

自社でも眠っている資産は

気づいていないだけで

意外と持っていたりします

 

 

昔書いたブログに書いてあるので

よかったらこちらもご覧ください

 

自社の資産、最大限に有効活用できていますか?

自社の眠っている資産を有効活用していきましょう

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

ありがとうございました

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄

戻る