2019年1月13日

カテゴリー:

成果を出す考え方


日常生活に転がっている種をどう育てるか

365日ブログ

531日目 

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

昨日の夜は

人志松本のすべらない話がやっていました

 

 

誰が聞いても、

何度聞いても面白いすべらない話を

ベシャリのプロである芸人の方々が披露する番組です

 

 

今年で15周年だそうで、

かなり時間が経っても

放送されているのはすごいことです

 

 

今から11年~12年くらい前ですかね、

会計士の受験時代に勉強の合間によく見ていました

 

 

勉強に行き詰ったら

すべらない話を見て気分転換をする、

みたいな感じでした

 

 

当時見ていた目的は気分転換でしたが、

立場や経験が増えた後で見ると

また見方が変わってきますね

 

 

昨日見ていて感じたこと、

1つ目はアンテナの立て方です

 

 

昨日は昨年のM-1の優勝者、

霜降り明星の粗品さんが出ていました

 

 

最初の話で新幹線のオバハンという話で、

座席のシートを倒すことに

許可をいただけないおばさんの話でした

 

 

普通に過ごしていれば、

イラっとした場面などで終わるかもしれませんが、

芸人という立場から考えればこれも立派なネタです

 

 

そして番組をネタを披露することで

立派に自分たちのメシを食う材料になっています

 

 

2つ目はネタのストックです

 

 

芸人の方によっては最近の話だけでなく

何年も前の話も披露されている方もいますよね

 

 

番組では語られていませんが、

芸人の方はネタ帳という、

ネタを思いついたらノートに書く

という習慣がある方が多いと思います

 

 

書かないと人間は忘れてしまいますから、

とにかくヒントになりそうなものは書きまくる

 

 

番組に出演が決まってから0からネタを探す場合と、

過去に蓄積したネタから使えるものが無いか探す場合

 

 

労力がガラッと変わってきますよね

 

 

3つ目は時間との向き合い方です

 

 

 

芸人の方がしゃべる時間はバラバラですが、

だいたいしゃべる時間は3~4分程度です

 

 

この時間内にネタの緩急と

オチをつけて視聴者の方に

すべらない話を届ける必要があります

 

 

その前にそもそも番組に

出演できるかどうかもわかりません

 

 

そう思うと、

多くの芸人の方々のネタに出会った時には

全国放送の番組で披露するとは微塵も思っていないはずです

 

 

種をまかなければ

芽が出て花開くこともありません

 

 

今この瞬間にやっていることや失敗したこと、

体験していることは明日の成果には

結びつかないかもしれません

 

 

数年後や予期せぬタイミングで花が開きます

 

 

今向き合っていること、

止めずに継続していきましょう

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄

戻る