2018年9月21日

カテゴリー:

事業計画作成&運用

キャッシュフロー経営


ゴールへ向かう!

365日ブログ

 

417日目 

 

 

おはようございます!

 

 

とある会社の新規事業のプロジェクトの

お手伝いをさせていただいています

 

 

その会社の内部の方だけでなく、

外部からも専門家が集結し

プロジェクトを進めています

 

 

僕は当初は数字周りを頼む、

ということでプロジェクトの途中から

参加させていただきました

 

 

僕のミッションはプロジェクトを成功に導くための

数値計画と行動計画に落とし込んだ事業計画の作成支援です

 

 

ところが、

根拠ある事業計画なんて

作ろうと思ってすぐ作れるものではありません

 

 

数字をエクセルで並べただけの事業計画ではだめなんです

 

 

想いや心の通っていない事業計画は

すぐにゴミ箱行きでしょう

 

 

根拠ある事業計画を作るためには

経営者の想いを引き出す必要があります

 

 

なぜこの新規事業を始めたいのか?

 

 

新規プロジェクトでにどんな影響を与えるのか?

 

 

どこに向かって5年後にどういう状態になっていたいのか?

 

 

ゴールも明確にしていきます

 

 

最初は専門用語などが多く、

なかなかスムーズに進みませんでした

 

 

 

やはりゴールを明確にしないと、

大変なとき、きつい時にみんなで踏ん張れません

 

 

あるいは、

金儲けのためだけのためなら

別の手っ取り早そうなものが出てきたら

そちらにブレてしまうでしょう

 

 

会社もプロジェクトも向かうべきゴールを明確にする

 

 

ゴールに向かいましょう

 

 

新規事業が会社にとってどんな意味があるのか?

新規事業が従業員にとってどんな意味があるのか?

新規事業がユーザーにとってどんな意味があるのか?

新規事業が地域経済にどんな影響あるのか?

新規事業が日本経済にどんな影響があるのか?

 

 

角度の異なる意味づけが多ければ多いほど

ゴールに向かう気持ちが強くなりますね

 

 

先日はプロジェクトのゴールと数値計画、

行動計画を主要メンバー共有し、

本格稼働するための離陸準備態勢に入りました

 

 

今までで一番会議らしい会議が出来たと

感想をいただけました

 

 

もちろん当初の予定通りに進まないほうが多いでしょう

 

 

徒歩、自転車、車、新幹線・・・

 

 

移動手段はバラバラでもいつかは到着します

 

 

引き続き少しでも早くゴールに到着できるように

継続してサポートしていきます

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

 

畑中 外茂栄

 

【ワークショップ&セミナー情報】

週に1~2回、ワークショップとセミナーを開催しています

詳細については下記をご参照ください

 

【2018年9月】ワークショップ&セミナー

 

 

戻る