2019年4月10日

カテゴリー:

経営判断の基準を作る考え方


選択肢の複数化と優先順位

365日ブログ

619日目

 

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務戦略の専門家

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

先日お客様から、

奥さんの年収の目安について

ご相談を受けました

 

 

ご存知の方も多いと思いますが、

今日本の所得税の負担の増加は

上がり続けています

 

 

わかりやすいのが会社員で

高所得者・専業主婦のご家庭などは

その傾向が特に顕著に出ています

 

 

高所得者の方は給与所得控除という

概算経費の枠も縮小していますし、

所得が1,000万を超えれば、

配偶者控除も使えなくなってしまいました

 

 

この前の確定申告でも

配偶者控除が使えなくなっただけで、

税負担がドンと増えてしまったケースが

見受けられました

 

 

日本の所得税の税率は5%~45%、

住民税10%を考慮すれば

15%~55%の推移になります

 

 

所得の増加につれ、

階段を上るイメージで

税負担が増えていきます

 

 

いろんなご家庭のモデルはあると思うのですが、

1人に所得を寄せるより分散させることで

税負担的には軽くなります

 

 

少し話がそれましたが、

今回のご相談もそういった視点でのご相談でした

 

 

年収130万から年収200万くらいの間で

何パターンからの手取りの金額を

シミュレーションします

 

 

一方で奥さんの所得が増えれば、

旦那さん側では配偶者控除は縮小するため、

旦那さん側の税負担の増加するため、

その点も考慮していきます

 

 

こんな感じで行ったり来たりしながら、

選択肢を複数化しつつ、

優先順位をつけていきます

 

 

今は税法の扶養の基準は150万円、

社保の扶養の基準は130万と

非常にややこしくなっていますが、

これらに縛られないことが大切です

 

 

まずは目指すべきワークライフバランスを考える

 

 

そして手取りの金額のシミュレーションしつつ、

最適な選択肢に絞り込んでいきましょう

 

 

財務戦略の専門家

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄

  • 【無料診断】ドンブリ経営レベル5段階
  • 【無料メール講座】7日で学ぶ!ドンブリ経営から脱却するための最初の一手
  • 【1on1個別セッション】会社の経営数字について学ぶ!

月別記事

MONTH