2017年1月5日

カテゴリー:

税金


クレジットカードでの国税の納付

税理士法人SUN

公認会計士・税理士の畑中です

 

本年の1月4日から、新しい納付方法が始まっております

 

クレジットカードでの納付です

 

自動車税や住民税などは一部対応をしていましたが、

 

今回から主な国税、

・法人税

・所得税

・消費税

・贈与税

・相続税

 

など主要な税目は対象となっております

 

メリットは、

 

・銀行に行かなくて良い→24時間いつでも支払可能

・クレジットカードのポイントが貯まる

・ダイレクト納付より手続が楽

・資金繰りが若干楽になる

 

です

 

一方でデメリットもあります

 

・納付の上限額が1000万円未満かつクレジットカードの上限額まで

・10,000円ごとに手数料が76円追加で発生する

・カードで決済後は納税猶予ができなくなる

 

会社の規模によっては従来の納付書や

ダイレクト納付にならざるを得ないですね

 

またカードのポイントの還元率が仮に1%だとしても、

上記の手数料が発生してしまうため若干効果が薄れます。

 

新しい改正がありましたらまたお伝えします

戻る