2019年3月20日

カテゴリー:

消費税


相続で事業を引き継いだ場合、消費税の納付義務は?

365日ブログ

597日目 

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

先日の事業承継の話

 

何年後の事業承継を見据えて動いていきますか?

この中で出たのが、

万が一急に亡くなったら

どうなるかという話が出たんですね

 

 

万が一急に亡くなって、

後継者の方が事業を引き継いでいく

 

 

こういったケースもあります

 

 

この際に気をつけなければいけないのが、

消費税の納付義務です

 

 

参考:国税庁URL

 

 

相続のタイミングで

事業を引き継いだ場合、

被相続人(亡くなった方)の

基準期間の課税売上高

判断していくことになります

 

 

被相続人の方の基準期間の課税売上が

1,000万円超の場合、

相続人(後継者の方)の消費税の

納付義務は免除されないんですね

 

 

ちなみに、

通常の生前に行った事業承継の場合、

あくまで後継者の方の基準期間で

考えていくことになります

 

 

特にご商売をされている方で

相続が発生した場合には、

専門家と一緒に対応をしていきましょう

 

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄

 

  • 【無料診断】ドンブリ経営レベル5段階
  • 【無料メール講座】7日で学ぶ!ドンブリ経営から脱却するための最初の一手
  • 【1on1個別セッション】会社の経営数字について学ぶ!

月別記事

MONTH