2017年10月13日

カテゴリー:

決算・決算書・決算業務


内部留保をわかりやすく解説②~利益の形は何になっているか?~

365日ブログ

74日目

 

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄です

 

 

昨日から内部留保について書いています

 

内部留保をわかりやすく解説①~決算書を見るポイント~

 

内部留保の考え方については注意点があります

 

 

昨日の例で出した、

1本売値200円ペットボトルの水

 

 

この売上の1割の20円が未回収、

売掛金だとします

 

 

モノが売れてから代金が

1~2ヶ月後に入ってくるイメージです

 

 

※正確さより、わかりやすさを重視しています

 

 

決算書の中で損益計算書を見ると下のようになります

 

 

※損益計算書は会社がいくら儲かったか

いくら損をしているかを表しています

 

 

昨日の現金で売れた場合とまったく一緒です

 

 

現金で回収できても、

現金で回収できてなくても、

儲けは一緒なんです

 

 

ここで注意点です

 

 

決算書の中の貸借対照表は下記になります

 

 

※貸借対照表は会社の現金がいくらあるか、

借金がいくらあるかなどを表す書類です

 

 

右下の内部留保と言われている部分も

昨日と一緒の結果です

 

 

左側の資産は一部が代金未回収の売掛金として残っています

 

 

売掛金が無事回収できれば、

昨日と同じこの形になるわけですね↓

 

 

つまり、

内部留保は必ずしも現金として回収できている状態ではない

ということです

 

 

利益が出ていても、

その利益がいろんな形に変わっていくのです

 

 

例えば、

稼いだ利益が現金になり、

設備投資に回っている可能性もあります

 

 

そして稼いだ利益が現金になり、

銀行への返済にも回ります

 

 

経営も

毎年毎年増収増益の

右肩上がりばかりではありません

 

 

万が一のときの備えもこの利益から蓄えておく必要があります

 

 

そのため、

内部留保は現金が潤沢という思い込みは

非常に危険なわけですね

 

 

利益が出ていても手元の現金が無いというのは

代金の回収が滞っている状態です

 

 

こういった状況が続いていくと、

いわゆる黒字倒産に近づいていきます

 

 

内部留保についてイメージを持っていただければ幸いです

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

ありがとうございました

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄

戻る