2018年12月24日

カテゴリー:

お金のブロックパズル


オアシスと繰越金は意図的に作る

365日ブログ

511日目 

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

先日、ドバイに行ったときに

ツアーガイドの人が砂漠の数ヵ所にある

オアシスを教えてくれました

 

 

ちょっとわかりづらいんですけど、

このオアシスが動物の飲料水になっています

 

 

オアシスとは砂漠の中で、

水が湧いて樹木のはえている緑地のことです

 

 

『オアシスが見つかった!』

 

 

なんてよく言ったりしますが、

僕たちが見たオアシスは人口のオアシスです

 

 

カラッカラの砂漠の中で

動物を保護するためにも国が設置しているそうです

 

 

探せばあるのかもしれないですが、

天然のオアシスには巡り合うことはできませんでした

 

 

そう甘くはないのでしょうか

 

 

このオアシス繰越金の関係、

非常に似ています

 

 

繰越金とはお金のブロックパズルでいえば、

一番右下の部分で翌期に繰り越せるお金のイメージです

 

 

 

引用:超☆ドンブリ経営のすすめ

”お金のブロックパズル”

著者 和仁 達也先生

 

 

このブロックパズルのキャッシュフローの

サンプルになっている会社は利益10%の会社です

 

 

日本の赤字の会社はいろんな統計がありますが、

6割~7割程度と一般的に言われています

 

 

利益率10%の会社は悪くはない会社、

というか優良企業です

 

 

そんな優良企業の会社でも税金を支払い、

銀行の返済等をしたあとでは

たった1円しか残らないという例です

 

 

入ってきたお金から出ていったお金で

繰越金を作ろうと思うと・・・

 

 

それは現実的にはなかなかできません

 

 

オアシスと同様に、

意図的に作り出す必要があります

 

 

『○○の繰越金が必要なんだ!!

 

 

繰越金の意味づけを明確にしましょう

 

 

繰越金の意味は、

 

 

①万が一のときのためのお金

②将来の設備投資のためのお金

 

 

この2つです

 

 

当然各会社によって必要な金額はバラバラです

 

 

必要な金額が明確になれば、

次は目標に変わります

 

 

 

多くの人は目標の売上はイメージできていても、

その売上から経費や税金を支払っていったあとで

残る繰越金まではイメージができていません

 

 

目標の繰越金を決めることは、

目標の利益を決めること

 

目標の利益を決めることは、

目標の粗利を決めること

 

 

目標の粗利を決めることは、

目標の売上高を決めることです

 

 

そして目標の売上高が決まれば、

単価×数量×リピート率に分解して考える

 

 

目標の売上高でも、

必達目標と挑戦目標の2つを考える

 

 

逆残と細分化することで思考を整理し、

行動を実行するヒントがあります

 

 

12月末、

来年の売上目標に着手している方も多いでしょう

 

 

目標の売上高と一緒に、

目標の繰越金を決めてみてはいかがでしょうか?

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

3つの処方箋で

自転車操業から安定操業へ

安定操業から成長企業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄

戻る