2018年5月5日

カテゴリー:

気づき


ゴールデンウイークの休息①

”鮨”

 

365日ブログ

 

278日目 

 

 

おはようございます!

 

畑中です

 

 

本日は単なる日記ブログです✍

 

==================================

 

5/23  お金の悩みを1枚の図で一気に解決する!

経営数字のワークショップ

リンクはこちら

==================================

 

先日から実家がある

石川県七尾市に帰省しています

 

 

昨日は親と

お隣の富山県の氷見市まで

鮨を食べにいってきました

 

 

地理的にはこんな感じです↓

 

 

車で行くと40分ほどです

 

 

ちなみに氷見市は、

藤子不二雄Ⓐさんの生誕の地です

 

商店街には

ハットリくんロードたるものがあり、

モニュメントがたくさんあります

 

 

僕ら世代は胸が熱くなる街です

 

 

ところで、

昨日行ったところは

きときと寿司というところです

 

 

”きときと”

富山弁で”新鮮”という意味です

 

 

回転寿司ですが

費用対効果が非常に高く

新鮮な魚を食べることができます

 

 

ところで、

さすがゴールデンウイークでした

 

 

13時過ぎにお店に入り、

なんと

 

 

2時間待ち

 

 

でした😅

 

 

食べ終わって

出るころは16時過ぎ・・・

 

 

読みが甘かったですね・・・

 

 

まあそんな感じで、

空腹は最大のスパイスと言いますが

空腹が最高潮に達したところで

15時頃に順番が回ってきました

 

 

まずは、あさり汁のお椀↓

 

 

お椀がでかくて、

通常の味噌汁の1.5倍くらい

あるような気がしました

 

 

うに・いくら・ほたて・サーモン・カニの5種盛り↓

 

 

大トロ↓

 

 

うに↓

 

 

のどぐろ↓

 

 

まさに、

きときとです

 

 

僕はドライバーなので

お酒は飲めませんでしたが、

父親はお酒も注文し、

3人で食べて

1万ジャストでした

 

 

費用対効果は最強ですね

 

 

席数×単価×回転数で

一日の売上高はこれくらいかなー

 

 

原価率はちょっと高めの40%くらいかなー

 

 

人件費はスタッフ○人で

日当計算するとこんなもんかなー

 

 

みたいな仮説を立てると

空き時間の時間もつぶせますね

 

 

そういえば、

昨日読んだ本の中に

俺のフレンチの原価率のことが書かれていました

 

 

リーズナブルで美味しい

超有名な人気レストランです

 

 

一般的な飲食店の原価率は

30%~40%程度ですが、

俺のフレンチの原価率は60%超

 

 

僕は食べたことは無いのですが、

素材自体はめちゃめちゃ良いものを

使っているそうですね

 

顧客も安くて旨いと喜んでくれる

自社も適正な利益を出しつつ

次の投資に回せる

 

 

改めてビジネスモデルって

大切だなと思いました

 

 

昨日は一切仕事をせずに

親と話をしたり、

ブラブラと散歩をしていましたが

定期的な休息って大切ですね🙂

 

 

連休も残りわずかになってきましたが、

良い休日をお過ごしください(^^♪

 

 

本日もお読みいただき、

ありがとうございました

 

【ワークショップ&セミナー情報】

週に1~2回、ワークショップとセミナーを開催しています。

詳細については下記をご参照ください

 

【6月ワークショップ&セミナー情報】

 

戻る